八紘テクノ通信

     

八紘テクノ通信2020年8月18日号

クローバーインバータは省エネだけではない!!

弊社の改善事例はご覧いたたいたことはありますでしょうか?

改善事例1.給湯ボイラの温度を安定させたい。

改善事例2.近隣住民からの「音がうるさい」という苦情を解消したい。

改善事例3.揚水ポンプのインペラ破損をなくしたい。

改善事例4.排水管の音鳴りを解消したい。

弊社はインバータを使用した省エネ提案だけでなく、設備のトラブル対策にもインバータを活用して頂いております。

そこで、今月号ではトラブル対策にスポットをあてて紹介致します。

インバータを省エネ目的で活用する場合、周波数を変更することでモーターの回転数を下げ省エネを行っております。

今回の注目スポットは「加速」と「減速」です。



通常のモータでうまくいかなかった事がインバータ導入により、どのような改善につながるのか、事例を参考にご紹介致します。

クローバーファンベルトの鳴き止め


ファンベルトの騒音対策にインバータの導入が有効です。
今回は冷却塔ファンを例にファンベルトの騒音対策を紹介致します。

冷却塔ファンとは水の蒸発を利用して水を冷却する装置で、施設の屋上や屋外に設置することが多い設備です。


冷却塔ファン

屋上や屋外にあるこの設備を商用運転(インバータなし運転)した場合、起動時や停止時にモータが急発進、急停止する為、大きな起動音やファンベルトのスリップ音がしてしまい騒音の原因となってしまいます。

インバータ制御のされていない冷却塔ファンは水温の状況により、1日に何度も起動と停止を繰り返すので、その度に騒音が起きてしまいます。

〔インバータを導入すると・・・〕
・「加速」と「減速」動作を緩やかにすることで大きな音がしなくなる。

・緩やかな発停運転となることで、モータとファンベルトの負担が減る為、設備の延命化にも貢献する。

騒音対策


上の画像から詳細ページへ移動します!

クローバー配管からでる異音を止める!

ポンプの発停時に配管から異音が聞こえてしまう現象があります。

この現象をウォーターハンマーと呼び、配管の圧力が急激に変化することで起こる現象です。
この配管内の急激な圧力の変化によって水が勢いよく配管を内側から叩きつけることで配管から異音が出てしまう原因となっています。

この現象はインバータの内部設定を変更することでトラブルを改善することが出来ます。

異音解消


上の画像から詳細ページへ移動します!

今回、ご紹介した事例の様にインバータでは省エネ以外のトラブル対策でも活用いただけます。
こういった設備のトラブルに困っている方がいましたらインバータでの制御を検討されてみてはいかがでしょうか?

まずはご相談ください!

改善事例集


改善事例のダウンロードはこちらをクリック

最後までお読みいただきありがとうございました。

     

八紘テクノ通信2020年7月14日号

クローバー夏は油断していると電気料金が高くなる!?

夏は冷房設備の使用が多く電気料金が高くなってしまう傾向にあります。

また、今年はコロナウイルスの影響により例年以上に換気を行う事になっているのであまり涼しくならず空調機も全開に近い運転状態ではないかと思います。

では設備を多く運用する事で電気料金が高くなる仕組みはどうなっているのか。
まずは下記の式をご覧ください。



これは電気料金を求める計算式です。

この式の中で最も夏に注意しなければならないのは、基本料金を決める契約電力です。

クローバー重要なのは契約電力

皆様は契約電力がどのように決まるのかご存知でしょうか?
一般家庭では20Aや30Aなど電気機器の容量や使い方に合わせたブレーカが設置され決まった使用量を超えると電気が遮断される仕組みです。

法人の契約電力とは過去1年間で最も高い30分単位での平均の電力量で決まります。
これをデマンド値(最大需要電力)と呼んでいます。

まずは下記のグラフをご覧ください。


この棒グラフは各月のデマンド値を表しています。

ではどのようにして契約電力は決まるのか。
例を挙げてご説明致します。
現在の月が8月だとします。


グラフを見ると8月の電力量は他の月に比べ一番高くなっていることが分かります。
契約電力は現在の月から過去12カ月の一番高いデマンド値で決まるので、契約料金は8月のデマンド値となります。


では翌年の1月の場合の契約電力はどうなるのか。
下のグラフをご覧ください。


グラフを見たところ他の月に比べデマンド値が上位ではありますが、一番高いわけではありません。
しかし、契約電力は先ほど申し上げた通り、現在の月から過去12カ月の一番高いデマンド値で決まるので、翌年の1月の場合でも契約料金は8月のデマンド値となります。


つまり1度でも30分間の平均電力量が高くなってしまうと1年間その契約電力が続いてしまいます。

ではデマンド値を下げるにはどのように対策すれば良いのでしょうか。

クローバーデマンド値を抑えるための対策

デマンド値を抑える為にはピーク時の使用を抑えることが何よりも大切です。

ではどのように夏場のピーク時の空調設備等の使用量を抑えるのか。
これからインバータを絡めた制御方法をいくつかご紹介致します。

1.最大周波数を少し抑え電力量を減らす!
この方法はもともと商用運転(インバータなし運転)で運用している設備をインバータで普段のピーク時よりも少し負荷率を下げる方法です。

例えば、基本料金が1500円/kWで30kWのポンプを負荷率100%の商用運転でピーク時に動かした場合、基本料金が45,000円アップします。
これをインバータ運転で80%の負荷率で運転すると約46%電力量削減となり基本料金が約20,000円、年間でなんと240,000円の電力料金削減になります。
もちろん、使用電力量も大幅に下がります。

インバータの節電効果


上の画像からインバータでどの程度節電できるのかご確認いただけます!

2.タイムスケジュール制御で電力量を抑える!
この方法はなかなか運転を抑えるのが難しいピーク時でも30分間の平均電力量を下げる目的で制御します。

例えば5分ごとに周波数が50Hz→40Hz→50Hz・・・と繰り返す制御を行います。
先程、例にあげた30kWのポンプの場合、これだけでもデマンドで6~7kW、基本料金で約10,000円/月の電力料金削減になります。

送風機1


上の画像から詳細ページへ移動します!

クローバー制御方法の変更、節電チューニング承ります!

上記1,2のような対策を弊社導入設備だけでなく他社導入の設備にも対応致しますのでご相談ください。

インバータ操作

上の画像からPDF版をダウンロードできます!


インバータを活用し設備を制御することで契約電力と使用電力量の両方を抑えることが可能となります。
夏場もインバータを電気料金の対策で活用して頂けると幸いです。

インバータの導入


インバータの導入に興味がございましたらこちらをクリック!

最後までお読みいただきありがとうございました。

     

八紘テクノ通信2020年6月9日号

クローバー朝の感染予防対策

弊社では毎朝9時から15分間、環境整備という取り組みを実施しています。

環境整備とは「仕事の環境を整え備えること」を目的としており、「整理、整頓、清潔、規律、礼儀」を観点に業務の効率化をはかる為に取り組んでおります。

弊社でのこの取り組みは少しずつブラッシュアップさせながら4年以上継続しております。
現在、この環境整備が弊社のコロナウイルスの予防対策にもなっているので、いくつかご紹介させて頂きます。

1.検温
健康管理の為に非接触体温計を購入し環境整備を行う前に当日の当番が全員の体温を測るようにしています。


弊社が使用している体温計


使い方は簡単で人の体に触れることなく額の近くに体温計を持ってくるだけで体温を測ることが出来る為、衛生面でも安全に使用することができています。

2.環境整備で社内を清潔に
朝の環境整備では、月曜日は各部署ごとにそれぞれ課題を見つけその課題について改善を行い、火~金曜日では日替わりで決められた場所の清掃を実施しています。
しかし、テレワークや現場で仕事をしている社員もいる為、清掃場所を分担しても、清掃できない箇所が出来てしまいます。

そこで、床やデスク周りやトイレなど使用頻度が多い箇所を必須項目として毎日清掃を行い、衛生面を保つようにしています。


環境整備分担表
赤文字の箇所を必須項目とし毎日清掃を実施している


また、ドアノブや引き出しの取っ手など、人の手が良く触れる場所は毎日アルコール消毒を行い、感染予防を行っております。


クローバーマニュアル作成で標準化改革

弊社では3年程前から業務の標準化に力を入れています。
これは弊社が人に仕事がつく「属人化」から仕事に人がつく「標準化」へ変わる取組みとして行っています。

属人化とはある特定の人しかその業務を行えない状態を指します。
属人化が必ずしも悪いというわけでなく、ワンピースの麦わら海賊団の様に1人1人が得意な能力を最大限に発揮することでそれぞれの弱点を補えるというメリットもあります。

しかし、弊社のような社員があまり多くない中小企業が属人化を続けていると、誰か1人でも怪我や病で出勤できなくなってしまった場合、その分野の仕事が止まってしまう可能性が高くなります。

一方、標準化とは属人化とは対照的に繰り返し行う業務を誰もができる状態を指します。
標準化を目指す仕組みとして各業務をマニュアル化し、誰もがマニュアルを見ればその仕事ができる状態を目指しています。


社内の業務マニュアル


マニュアルを作成するのには多少苦労はしますが、1度作成してしまえば、一定レベルで業務が行えるようになるので指導する時間が短縮され、自分の仕事に取り組める時間を確保することが可能となります。

また、テレワークによってその場で教えてあげられる機会が減ってしまっても、直接指導せず、マニュアルを見ながら作業を行うことができるようになっています。

最近では社内専用のWikipediaを開設し、テレワークをしながらでも簡単に、各マニュアルの確認ができるように進化しています。
社内専用のWikipediaに関しては今後、機会がありましたらご紹介致します。 

クローバーホームページも日々更新中!!

八紘テクノのホームページでは、お客様の為になる情報を提供しております。

1.インバータの省エネについて動画で解説!
先月のメルマガでもご紹介させて頂きましたが、インバータでどうして省エネができるのか多くの方へ知ってもらいたい為、動画での解説を始めました。
弊社の代表自らが分かりやすくインバータでの省エネの仕組みを解説しておりますので、ぜひ一度ご覧ください!

どうして省エネになるの?

上の画像をクリックして頂くと動画ページへ移動します。

どれだけ省エネになるの?

上の画像をクリックして頂くと動画ページへ移動します。

今後、webでのインバータ勉強会の開催も検討しておりますので、ご意見等ございましたらお待ちしております。
 

2.インバータを遠隔で監視!
職場から離れた場所にあるインバータを管理されているお客様に必見です!

インバータ運転状態や電力量をお客様のPCやスマホからいつでも確認できるサービスを展開しております。

先月から監視画面もリニューアルし今まで以上にインバータの運転状態や電力量が確認しやすくなりました。

リモシー

上の画像をクリックして頂くと遠隔監視システム「ReMoSy
のページへ移動します。

今月号では弊社での働き方の取組みについていくつかご紹介致しました。
弊社での働き方の取組みが皆様の何かヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

     

八紘テクノ通信2020年5月12日号

クローバー安全な室内環境を保つ為には?

室内を安全に保つ為には換気は不可欠です。

窓がある部屋などであれば自然換気が可能ですが、 商業施設やイベント会場など開口部がなく自然換気ができない場所も多々あります。


自然換気ができない場所は排気ファンや空調機などの換気設備で空気の入れ替えを行います。
しかし、換気設備によっては必要以上に換気を行ってしまい冷暖房費が高くなってしまいます。



その様な場合、インバータシステムを導入することで換気設備の風量制御を行い効率良く換気が出来るようになります。
また、事前に設定しておくことで季節に合わせた換気設備の運転制御ができる為、 電気代を削減するだけでなく1年を通して室内を安全かつ快適な空間に保つ事が出来るようになります。



参考事例

事例集 送風機1

↑↑詳細はこちらをクリック↑↑

クローバー「密閉」を避ける体育館やスポーツ施設の換気対策

室内スポーツの部活動に所属していた方は体験したことがあるかと思いますが、 夏場の暑い時期でも体育館では扉や窓を閉め切り、空調も使用せず部活動をしていることがあります。

理由はバドミントンで使うシャトルや卓球のピンポン玉などが外気や空調による風の影響を受け活動に支障がでてしまうからです。

インバータシステムを導入することで、シャトルやピンポン玉に影響が出ない程度に空調の風量を弱くし空調設備を止めることなく運転ができるようになります。



空調設備を運転し続けることが出来れば以下のメリットがあります

・暑さを我慢しなくて良い
・熱中症対策になる
・コロナ対策として「密閉」を避けられる

他にも空調機のインバータ導入事例を弊社ホームページで紹介しておりますので下記のリンクからご覧下さい。

事例集 空調機

↑↑参考事例はこちらをクリック↑↑

クローバー動画配信を始めました!

インバータでなぜ省エネできるのかという声を多くのお客様から頂いております。
この度、インバータの省エネについて動画で紹介することに致しました。
現在、2つの動画をホームページにアップしております!

1.どうして省エネになるの?

事例集 空調機1

上の画像をクリックして頂くと動画ページへ移動します。

インバータでどうして省エネできるのか?その内容を導入前の既存での運転とインバータ運転で比較し説明しております。

既存の状態とインバータ運転時の設備運用の違いに着目してご覧ください!

2.どのぐらい省エネできるの?

事例集 空調機1

上の画像をクリックして頂くと動画ページへ移動します。

インバータ化することでどの程度省エネできるかを分かりやすく説明しております。
インバータで運転することでどのぐらい電力が削減できるのかご覧いただけます。

今後、他にもインバータの省エネについて動画をアップ致しますのでどうぞお楽しみにお待ちください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

     

八紘テクノ通信2020年4月14日号

クローバー省エネするにはペース配分が大切

設備の運用改善で大切なのはペース配分です。

私の好きなプロ野球で例えると投手をイメージします。
プロ野球の投手は9イニングを投げ抜くため、ペース配分を意識してピッチングをしています。

投手は全球、全力投球をするのではなく打者の力量やカウントに合わせ、力加減を変えピッチングをしています。
つまり、ピンチの時や強打者の時は全力でボールを投げ、それ以外では7、8割の力でボールを投げスタミナを節約しているのです。


建築設備でもペース配分を考えインバータシステムの力加減を変えることで省エネが出来るようになります。



ここからは事例を用いながらご紹介していきます。

クローバー利用率に合わせた設備運用の紹介

事例1.施設の利用率に合わせ空調の出力を制御

商業施設やスポーツ施設など、時間帯によってお客様の利用率が変化するケースがあります。

先程例えました投手が場面によって力加減を変えている様に、施設のピーク時とそうでない時間帯で設備の力加減を変えてあげることで省エネが出来るようになります。

事例集 空調機1

↑↑参考事例はこちらをクリック↑↑

施設の利用率が少ない時間があらかじめ分かっていれば、インバータシステムに付属でタイマーを取付けピーク時の時間を設定します。
そうすることで、ピーク時はインバータで高速運転させ、それ以外の時間は低速運転するので余計な電力を使わず、省エネが出来るようになります。

2.地下駐車場での運用改善
地下駐車場でも車の出入りが多いピーク時とそうでない時間があります。
地下駐車場ではインバータ制御の勝負所を知らせるCO濃度センサーでの制御方法で余分な電力を使わず設備運用ができます。

事例集 送風機2

↑↑参考事例はこちらをクリック↑↑

CO濃度センサーは周囲の排気ガスの濃度を検知してくれます。
そうすることで、センサーがペース配分を教えてくれる為、普段は低速運転でインバータを動かし、排気ガスが多くなる勝負所だけインバータを高速運転させれば良いので省エネにつながります。

以上の様に、時間帯や室内の環境状態でインバータのペース配分を考えてあげることで、必要最低限の電力に抑え省エネができます。

クローバーペース配分を考え省エネできればこんな効果も!

皆様はSDGsをご存じでしょうか。
SDGsは国連の方針で2030年までに様々な社会問題を解決するという取り組みです。

SDGsについては弊社メルマガで一度紹介しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
●八紘テクノ通信● 今こそ知りたいSDGs

その中には環境問題をテーマとした目標も含まれており、省エネ提案を行っている弊社はこの活動に関わっていることになります。
環境問題を少しでも改善するにはCO2の排出量を減らす為、必要以上に電力を消費しないことが大切です。

今まで通り設備を常に全力で運転させるのではなくペース配分を考え、インバータでの運用改善をすることでSDGsに貢献するという考え方を持ってみるのはいかがでしょうか。


今月紹介した事例以外にも弊社ホームページで導入事例を紹介しておりますので、興味がある方は下のリンクからご覧ください。

導入事例集(空調機編)

導入事例集 ポンプ編

導入事例集(送風機編)

改善事例集
     
     

八紘テクノ通信2020年3月10日号

クローバー節電で支出を抑える

空調機やポンプなどインバータシステムを導入することで、需要に応じた適切な負荷に抑え節電が可能となります。

インバータの省エネの仕組みは弊社のホームページにも載せておりますので参考にして下さい。

省エネの理由

↑↑詳しくはこちらをクリック↑↑


また、インバータは設備機器の運転を大きく制御することで、より大きな節電効果が期待できます。

インバータの節電効果

周波数を10%下げるだけで23.26%の節電が出来ます。
さらに周波数を半分に下げて運転すると、どこまで節電できるか?
答えは上の画像をクリックして是非チェックしてみてください!

クローバー設備費用なしのインバータ導入

節電が期待できるインバータシステムですが、初期費用なしで導入できる2つの方法をご提案させていただきます。

1.リース契約
インバータを直接導入するのではなくリース会社から長期間、機器を借りて利用する契約となります。

メリット:
・初期費用(設備費、工事費用一式)をかけず導入が可能。
・省エネ補助金の活用も可能。

デメリット:
・リース契約費用は資産計上しなければならない。

インバータの導入により節電コストが月々のリース料を上回る為、キャッシュフロー改善につながります。
大規模な予算がなくとも、月々の僅かなリース料を支払うだけで節電ができることが最大のメリットです。


2.ESCOサービス ~少額でのESCOサービスも可能~
省エネを目的とした事業の1つで光熱水費の支出を削減し、その削減した分からお客様の利益と事業者の経費、設備導入費を賄う事業です。


ESCOサービスを活用し、インバータシステムを導入すると以下のメリットとデメリットがございます。

メリット:
・初期費用をかけずに設備導入が可能。
・省エネ保証を受けることが可能。
・サービス受給になるので資産計上の必要がない。

デメリット:
・保証料、メンテナンス契約も加味されるためリースに比べて割高になる。

削減した分から設備導入費が支払われるため、初期費用をかけずに導入することができます。

~少額ESCOサービスとは~
通常であれば総額数億円以上での契約になる為ハードルが高いのですが、インバータシステムの導入であれば1000万円からのサービス提供が可能です。

ESCOサービスはリース契約と違い省エネルギー効果に関する保証があり、お客様がリスクを負うことがないのが最大のメリットです。

リース契約やESCOサービスを含め導入に関するご相談は弊社にて承りますので気軽にご相談ください。

インバータ導入までの流れ

↑↑詳しくはこちらをクリック↑↑

     

八紘テクノ通信2020年2月12日号

クローバー遠隔監視システムReMoSyについて

弊社のインバータ遠隔監視システムであるReMoSyが販売を開始してから1年以上が経ちました。
ReMoSyとはリモートモニタリングシステムの略でインバータを監視する弊社のIoTシステムです。

IoTに興味を持たれた方は過去のメルマガでIoTについて取り上げていますのでこちらをご覧下さい。
2017年12月12日号

ReMoSyですが、具体的にどんな良いところがあるのか?

1.無駄な運転を防止できる。
2.モノが監視してくれる。


次の章ではReMoSyを導入した場合どのような時に役立つのか、ご紹介致します。

ReMoSyの詳しい内容については弊社のホームページに記載しております。

ReMoSyの詳細はこちら

ReMoSy

クローバーこんな時にReMoSyは活躍します!

1.無駄な運転を防止できる。
今インバータが正常に運転しているだろうか? と思ったことはありませんか?

施設によっては直接現地へ行かないとインバータの運転状態を確認できない場所もあるかと思います。
運転設定がインバータ運転でなく商用運転(インバータを使用しない運転)だった場合、せっかくインバータを導入したのに全く省エネができていないことになってしまいます。
ですが、ReMoSyではインバータの運転状態をPCやスマートフォンの画面から確認することが出来ます。

ReMoSy画面

ReMoSのアプリ画面のトップページ 

画面の左下にある、インバータ運転状態モニタを確認すれば、どこからでもインバータの運転状態を確認できるので、安心してインバータで省エネを行うことが出来ます。

異常通知メール

インバータ運転状態モニタから運転状態を確認できる。 



2.モノが監視してくれる。
インバータ盤を確認したら、インバータが故障していた。
早期発見であれば良いですが、もし故障してから発見が遅くなってしまっていたら、その期間省エネができていないことになってしまいます。

ですが、ReMoSyでは24時間監視をしているため、インバータに何かあれば、メールで直ぐに知らせてくれます。

異常通知メール

インバータに異常が起こった先に送られるメール 

もし、インバータに異常が起きてしまってもReMoSyがメールで直ぐに知らせてくれるので、インバータを早期に復旧できる事が出来ます。


インバータの遠隔監視については他にもメリットがございますのでよろしければ下のカタログや詳細をご覧下さい。

ReMoSy EB
ReMoSy EB

詳細はこちら

導入していただいたReMoSyが少しでもお客様の業務の手助けになればと願っております。

クローバー補助金を活用したインバータ設備導入

                         

今回は2020年度の省エネ補助金を活用したインバータ設備導入をご検討の方、これから考えてみたいというお客様へのご案内になります。

省エネ補助金といえば経済産業省の「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」、業界ではエネ合(えねごう)と呼ばれるものが予算規模も大きく一番有名だと思います。

ですが、弊社ではインバータ設備導入単独でも申請が可能で、提出書類も比較的少ない環境省の「設備の高効率化改修支援事業」をおすすめしております。

環境省「設備の高効率化改修支援事業」(EIE事業) H31年設備の高効率化

(設備の高効率化改修支援事業-環境省)から抜粋

地方公共団体(政令指定都市未満)小規模事業者は1/2、それ以外は1/3の補助金交付となります。

2019年度は公募期間が4月25日~5月9日、交付内示は8月でした。
2020年度も同様のスケジュールが見込まれます。

4月以降の調査では申請書類が公募に間に合わない可能性が高いのでできれば2月まで(遅くても3月まで)に事前準備をしっかりして来期の省エネ、CO2排出量削減が最大限実現いただけるようお力になれば幸いです。

弊社でもCMI(一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブとして省エネ診断を行っています。
省エネ診断にご興味がある方は下のリンクからご覧ください。

CMIについての詳細はこちら

ReMoSy



八紘テクノ通信2020年1月14日号

クローバー 電気の基本料金を下げるデマンド抑制対策


東日本大震災の際は原発の停止による電力不足を解決する為に電力会社が大幅な電力量抑制を計画停電という形で対応が行われました。
企業では非常用の発電設備を使用した電力の分散、営業日や営業区画を一時的に減らすなどの自主規制について大きく報道で取り扱われました。
最近ではパリ協定、SDGsによる温室効果ガス削減を企業の取り組みの一つとして省エネ対策が進んでおります。

この章では、デマンドとその抑制対策についてご説明いたします。

デマンドとは、電力会社が基本料金を決める値のことを指します。

まずは電気料金のどの部分にデマンドが影響するのかご説明いたします。
電気料金の内容は下図の様になっております。

電気料金式

この式の基本料金の中の契約電力がデマンドの値によって決まります。
つまり、デマンドの値を抑制すると、契約電力が下がり電気料金を抑えることが出来ます。

基本料金は過去1年間で最大になった時間のデマンド値で決まります。
しかし、デマンド抑制装置(デマンドコントローラ以下デマコン)によりデマンド値をあらかじめ設定することで、下図の様に契約電力を抑えることができます。

最大デマンド値説明

デマコンは設定値を超える手前で警報が鳴るようになっております。
警報を回避するために、個別空調の間欠運転(サイクリック制御)や重要度の低い照明の制御を行うケースが多いです。
セントラル空調機器など大容量のモータではインバータ制御によりデマンド警報信号を使って一時的に低速運転させることも可能です。

クローバーインバータによるピークデマンド抑制事例


下記の事例などに制御を新たに加えることが可能です。
また、弊社のインバータシステムでは電気料金の基本料金だけでなく、電力量料金の使用電力量も下げることができます。

・エアハンドリングユニットの低速制御(オフィスビル、ホテル、商業施設など全般)
客室内空調機

・ろ過ポンプの低速制御(スポーツクラブ)
プール用ろ過ポンプ

・地下駐車場の換気ファンの低速制御(オフィスビル、タワーマンション、商業施設など)
地下駐車場換気装置

クローバーEMS(エネルギーマネジメントシステム)について


デマコンは「最大電力データを見える化してピーク電力を抑え警報を出す」機器です。

EMSは「各設備の使用状況を見える化して分析し制御を含めた運用改善を行いコスト削減につなげていく」機器です。

現在中規模以下のビルや飲食店、スーパー、スポーツクラブなどではデマコンはついていても警報が鳴ると自分たちで設備を止める作業が必要なところがほとんどで、自動制御はあまり行われていません。

現在「一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブ(CMI)」の活動を通じてEMS導入によるお客様の手をわずらわせないコスト削減のご提案を推進しております。
パートナー様と共に他社に真似のできない専門性を兼ね備えた省エネ提案をご案内しております。

診断、見積のご相談はこちらからダウンロードいただけます。

お問合せ


最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年12月10日号

クローバー 協業会社のご紹介


「株式会社エコベン」
■会社概要 公式サイトへ

■事業内容 全熱交換器の更新・設備工事および保守
     上記消耗部材の製造および販売


「株式会社エコベン」様では商業施設を中心に様々な施設で関連事業を展開しております。

クローバー 空調の省エネ紹介


全熱交換器の役目

例えば寒い冬の季節に、基準を満たした換気設備で空気の換気を想像してみると…。
室内の温かい空気と水蒸気を排出すると排出した分、室外の冷たい空気を給気することになります。
すると想像通り室内の温度は下がります。
室内の温度を維持する為には暖房が必要です。

では、室外へ排出する温かい空気と水蒸気の熱を利用して室外の冷たい空気を温めて吸気することが出来たら?
暖房の負荷を下げられて電気代の節約が可能になります。
その役目をするのが全熱交換器という設備です。


全熱交換器の詳しい構造については割愛いたしますが、エアハンドリングユニット(以下エアハン)に組み込まれていることがある設備で、フィルタや駆動モータ、動力を伝えるプーリ、ベルトなどを含んだエアハン全体の保守メンテナンスが「株式会社エコベン」様の得意としている内容となっております。

エアハンについては老朽化に対しての延命化を目的としたオーバーホールを行うことをお考えになるとモータ、フィルタなどの消耗品を交換することになり安価な物ではありませんが、ここに弊社のインバータによる省エネを合わせることにより、設備の高効率化改修支援事業に対する補助金を利用することが可能になる場合があります。

協業事例のご紹介

宿泊施設
スポーツ施設


弊社ホームページの事例集に掲載しておりますので、一読頂けると幸いです。

クローバー2020年以降の省エネ計画はお決まりですか?


弊社では、「インバータで省エネに貢献する」ことを目標に掲げています。
ご紹介させて頂いているパートナー様と共に特殊なケースであっても省エネ対策にお役に立てますのでお困りの方はお気軽に御相談頂けると幸いです。
弊社でインバータシステムを導入頂けるお客様への大きなメリットは以下の3点になります。

1.省エネ診断の有効活用
弊社が参画しております「一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブ」を介し、専門家によるマネジメントを受けられます。
補助金を最大限活用した設備更新やEMS導入などインバータ導入以外の省エネ提案も可能です。

省エネ取組の進め方
省エネ取組の進め方

2.短期間での投資回収
制御などに関しましてもシンプルに行いローコスト提案を心がけております。

ローコスト型インバータ制御盤E-BRACE L
E-BRACE L

3.ワンストップ対応
導入提案からメンテナンスまで1社で完結できるのでスピーディーです。

インバータシステム導入までの流れ
詳しくは弊社Webサイトで
インバータシステム導入までの流れ



最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年11月12日号


10月号では弊社パートナーの「株式会社 服部エンジニアリング」様の商材とコラボした集塵機の省エネ提案でした。

「株式会社服部エンジニアリング」
■会社概要 公式サイトへ

今月も引き続き「株式会社 服部エンジニアリング」様の商材とコラボした排水処理設備の省エネ提案になります。

「株式会社 服部エンジニアリング」様は食品工場や製紙工場、下水処理場などで幅広く使用されているメンブレン散気管を取扱っております。
アメリカのSSI社、EDI社の商品になります。

クローバー 曝気(ばっき)槽の省エネ


排水処理設備の一部に曝気槽(図1)があります。
槽内の微生物へ酸素(空気)を供給し有機物を分解してもらうための工程です。
曝気槽底部に散気管(ノズル)を敷詰め(図2)、気泡の空気を送ることで水中の酸素濃度を高めていきます。


ちょっと表現が難しくなりましたが、金魚鉢の中で空気がブクブクしているのを思い浮かべて頂けると分かり易いと思います。
水中に気泡を送る“ブクブクポンプ”の先のところが散気ノズル(図3・図4)です。


散気ノズルを服部エンジニアリング様の提供するメンブレン散気ノズルに取替えて、より少量の空気で水中の酸素濃度を上げることが可能になります。
その空気を送り込むポンプのことをブロア(エアポンプ)といいます。
このブロアの空気を送る量を少なくすることで電気料金の削減につながります。
余剰となった空気をインバータシステムで絞ることにより更なる省エネを実現します。

クローバー2020年度の省エネ計画はお決まりですか?


ブロアの省エネルギー制御のことは、ご理解頂けましたでしょうか?
弊社は、“インバータで省エネに貢献する”ことを目標に掲げていますので、前回と今回ご紹介したような特殊事例にもパートナー様とともに積極的に取り組んでおりますので省エネ対策にお困りの方は気軽に御相談下さい。

弊社とインバータシステムの導入に取り組んでいただけるお客様のメリットは以下の3点になります。

1. 省エネ診断の活用 
弊社が参画しております「一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブ」を介し、専門家によるマネジメントを受けられます。
補助金を最大限活用した設備更新やEMS導入などインバータ導入以外の省エネ提案も可能です。

省エネ取組の進め方

省エネ取組の進め方



2. 短期間の投資回収 
制御などもできるだけシンプルに行いローコスト提案を心がけております。

ローコスト型インバータ制御盤E-BRACE L

E-BRACE L



3. ワンストップ対応 
導入提案からメンテナンスまで1社で完結できるスピーディーさ。

インバータシステム導入までの流れ

  インバータシステム導入までの流れ



2020年度の設備予算計画も佳境に入る時期ではないかと存じます。
年内でしたらまだ打合せ、調査の時間も確保できますので気軽にお問い合わせください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年10月8日号

今月は弊社のパートナーである「株式会社 服部エンジニアリング」様と集塵機に絡めたご提案になります。

<協業事例のダウンロード>

送風機11[ 工場施設 ] 集塵機ファンのインバータ化 400V/90.0kW
51.2%の省エネを実現

送風機12[ 工場施設 ] 集塵機ファンのインバータ化 400V/37.0kW
40.0%の省エネを実現


「株式会社 服部エンジニアリング」
■会社概要 公式サイトへ

■事業内容1 集塵機部材の販売、提案

「株式会社服部エンジニアリング」様はオーストラリアの集塵機部材メーカーGOYEN社の日本総代理店です。取扱商品は以下になります。

株式会社服部エンジニアリング取扱商品


バグフィルター集塵機の無料診断、改善提案も行っています。

業界の方でないとわからない用語が所々にありますので私なりの解釈でできるだけわかりやすく解説させていただきます。

・集塵機:
工場やリサイクル施設などに設置されているチリやゴミを吸引する装置
空気中のチリを吸い取る大型の掃除機か空気清浄機のようなものとお考え下さい。

・バグフィルター:
集塵機内に組み込まれる微細なチリやゴミを除去する為のフィルター装置

焼却炉の集塵機バグフィルタ
(焼却炉の集塵機バグフィルタ)

集塵機診断時の写真
(集塵機診断時の写真)

■集塵機へのインバータシステム導入のメリット

・集塵機の問題点
一般的に集塵機はチリを含んだ空気をファンにより誘引し、内部のフィルターでチリを除去します。
しかし、フィルターは適切にチリやゴミの除去を行わなければ目詰まりを起こしてしまいます。
目詰まりを起こしている集塵機はチリを含んだ空気がフィルターを通過しにくいため、余計にファンのパワーが必要になってしまいます。

集塵機内部に並べられたフィルター1
集塵機内部に並べられたフィルター2

(集塵機内部に並べられたフィルター)
※ここにチリが付着して目詰まりします。

フィルターを目詰まりのない状態に保つことで、集塵機を省エネ運転することが可能です。

・標準対策
服部エンジニアリングで行う集塵機無料診断サービスを基に、集塵機の更新やフィルターなどの部品を見直し、フィルターの目詰まりを防止して「電力料金の削減」「メンテ工数の削減(破れない、壊れない)」を目指します。

・インバータ導入による追加対策
1.フィルターの目詰まりを防止したうえでファンの風量をインバータで一定に保つ
2.生産ラインの運転状況などに応じて、ファンの風量を調整する

上記2つの実行で更なる電力料金削減効果が望めます。

<協業事例のダウンロード>

次月号では曝気(ばっき)槽の省エネをご案内する予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年9月24日号

クローバー そもそもSDGsって何?


さて、今回は僭越ながらSDGs(エスディージーズ)についてご説明いたします。
実は、最近街中で見かけるサラリーマンや、話題の小泉環境大臣がつけているバッジ(下写真)も、SDGsを表しています。


私は大学で「模擬国連」というサークル活動に従事しており、3年前からSDGsについてディスカッションをしてきました。
SDGsは多くの方に意識されてこそ意義を持つので、本メルマガを通してみなさまに認知していただければ嬉しいです。

SDGsは2015年に国連サミットで定められた「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、
2015年から2030年にかけて国際社会全体で達成すべき目標のことです。


内容は、「貧困をなくそう(ゴール1)」から「パートナーシップで目標を達成しよう(ゴール17)」まで、17個のゴールによって構成されています。(バッチの色も17色です!)
各ゴールには、達成目標を一層具体的にした「ターゲット」が定められており、全部で169個あります。

SDGsを達成するには、国連組織や各国政府が取り組むのはもちろん、民間企業や市民が積極的に関与することが必要とされています。

八紘テクノでは、
ゴール7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
ゴール13 気候変動に具体的な対策を
ゴール17 パートナーシップで目標を達成しよう
を特に応援しています。

クローバー 環境問題に取り組む企業は株価が上がる?


とはいえ、一般の企業では日々の業務で利益を出すことが求められ、国際社会の目標は遠いものに感じられるかもしれません。

しかしながら、最近ではビジネスの世界でもSDGs達成への取り組みが加速しています。
この背景にあるのが、ESG投資という、企業の利益と国際社会の利益をつなぐ投資の存在です。

ESG投資とは、

環境
(Environment)

社会
(Social)

ガバナンス
(Governance)

の改善を促進する企業に対して、投資家が投資をすることです。

国内外の機関投資家が、投資の際にESGに基づく非財務情報の開示を求めるようになっており、
今後「社会に求められる会社」でいるためにはSDGs達成への貢献が不可欠になるかもしれません。

SDGsにご興味を持たれた方、詳しくはこちらをご覧ください。
SDGsとは

最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年8月20日号

お世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

今年のお盆休みは、皆さまどのように過ごされましたか?
私は2泊3日で親族と熱海の温泉に行ってきました。
渋滞にもほとんど巻き込まれず近場でゆっくりできてよかったです。

さて今回は個人と会社の上半期の重大トピックについて書かせていただきます。

クローバー RIZAPで減量


お酒と美味しいものが大好きな自分としては “絶対に行きたくないところ” に3月から4月にかけての2か月間、週2で通いました。

タレントが出るCMで有名なやつです(笑)

通い出した理由は公約違反をしてしまったためです。
自分の恒例行事としてお正月に「今年の目標」を手帳に書いています。
その中に毎年 「体重○○kgに戻す」 を掲げていたのですが9年間未達を続けておりました。
昨年 「今年○○kg未達ならライザップ」 と書いてしまった為、挑戦する羽目になってしましました。

結果は「2か月で6kg減量」です。目標はもう少し高く持っていましたが年初に立てていた目標はクリア出来、約4ヶ月経った今も体重を何とか維持しています。


目標達成するために今回学んだことで会社経営にも繋がることがたくさんありました。


キレイごとを書いていますが太っているおっさんが少し体重を減らしただけの話です。
本文では書ききれないエピソードもたくさんありますので興味がある方はまた個別で・・・

皆様にお会いした時にネタとして突っ込まれても恥ずかしくないようリバウンドしない体づくりにこれからも励んでまいります(笑)

クローバー CMI活動開始!!「受動から能動へ」


CMIとは、今年2月21日に設立された「一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブ」の略称です。
八紘テクノを含んだ5社で立ち上げた新しい取り組みです。



本年度の主な取り組みは経済産業省の「平成31年度省エネルギー相談地域プラットフォーム事業」における無料省エネ診断を
東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・宮城県・山形県・福島県・大阪府
の8都府県の中小事業者を中心に実施します。

診断を基に運用改善や設備更新による省エネ効果を算出し補助金取得のお手伝いも行い光熱費全般の削減やCO2排出量の削減に貢献しております。

CMIでの診断活動は今期の弊社スローガンを「受動から能動へ」としたきっかけになる事業です。


また、スポーツ施設、特別養護老人ホーム、工場など当方からアプローチしていない業界に色々な専門家と同行調査を行うことで「動力系モータのインバータ化」以外の省エネ提案も広がりをみせております。


CMIの活動によりこれからの弊社事業領域の拡大のための素晴らしい仲間が4名増えました!!

弊社初の技術系新卒、営業担当、中堅技術担当2名の社員を加えてより世の中と地球環境に良い事業活動を行えるよう努めてまいります。

省エネ可能な設備を顕在化することにも気軽にご相談いただけるようになりましたので今後ともよろしくお願いいたします。

無料省エネ相談申込書


最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年7月9日号

クローバー 省エネ診断を受けるメリットは?


お客様が診断を受けるメリットと言えば

① 機器のリスト化が整う

② 削減ポテンシャルが分かる

③ 事業収支診断(ライフコスト診断)が出来る

の3点であると考えております。

クローバー 無料省エネ診断...何するの!?


6月はプラットフォーム診断に4か所回らせて頂きました。
省エネ診断ってなにするの??と疑問をお持ちの方も多いと思いますので、今回私が診断に伺った時のお話をさせて頂こうかと思います。

無料省エネ相談申込書




まずは上の申込書を記入してFAXまたはメールを頂いた後、診断に伺います。
診断の当日までに電気・水道・ガスの年間使用量や契約金額などが分かる資料を御用意頂きます。

現地調査は1施設当たり数時間程度で行います。
診断員は資料を頂き、内容を確認しながら質疑を交えて聞き取りを行います。

その後頂いた情報を踏まえて機械室・電気室などを回って診断をさせて頂きます。
弊社の該当調査区分では、ファンやポンプなどの動力系モータに省エネ余地がないか調べます。

例2

(上の写真の様な機械室で主に現地調査を行っています)
 

【インバータが導入されていない場合】
新たにインバータシステムを導入した場合の省エネ効果・導入費用及び投資回収見込み期間などを報告書としてご提出します。
モータが必要負荷より大きな力で動いていた場合、インバータを用いて適正な負荷で運用することで電気料金削減しいては二酸化炭素排出量削減につながるわけです。

【インバータが導入されている場合】
現在の運用状況を確認し、運用改善や更新の御提案をいたします。
診断報告は、後日お客様のところに診断結果の説明に伺います。


ここまでが、省エネ診断プラットフォームの一連の流れとなります。
国の補助事業の一環にてお伺いしておりますので、診断から報告までの間で診断員が営業活動を行うようなことはありませんのでご安心して御依頼下さい。
報告後、導入検討したい改善案があれば別途ご相談下さい。

また、診断されていない施設様でご興味がありましたら是非ご検討下さい。



最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年6月11日号

クローバー ReMoSyの通信回線について

この度、弊社の遠隔監視システムReMoSyの通信回線が3G回線からLTE回線に変わります!!

例2


図で見てわかるようにReMoSy本体からクラウドサービスにデータを送信する通信回線が従来は3G回線のため、LTE回線へ変更することになりました。

遠隔監視システムReMoSyは、簡単にご説明すると弊社のインバータシステムを導入していただいているお客様に向けにインバータの運転状態と電力データの遠隔監視を行っています。

詳しくは弊社のホームページをご覧下さい。

ReMoSy EB


次に遠隔監視システムReMoSyがこの度、なぜ通信回線をLTEに変更することになったのかご説明致します。


クローバー 3G回線がなくなる??

実は数年後には大手の通信サービス会社が3G回線を終了すると既に発表しています。

au:2022年3月末に3G回線終了を発表
NTTドコモ:2020年半ばに終了を発表
ソフトバンク:今のところ発表はないが、既に1.5GHz、1.7GHzの通信が終了

今すぐ3G回線がなくなってしまうというわけではありませんが、既に具体的な終了期日を提示している所もあり、2022年には3G回線のほとんどが終了してしまいます。

その3G回線が終了することによって何が問題なのか、、、

一般的に既に現場で導入されている、もしくは販売されている遠隔監視や遠隔操作システムは3G回線を導入しているものが多いからです。

その3G回線が終了してしまうことで、通信ができずシステムがご利用できなくなってしまうのです。

そのため、今月中にもReMoSyの通信回線は3G回線からLTE回線へ変わる予定です。

今お使いのインバータシステムや電力量計の遠隔監視にご興味がある方がいらっしゃいましたら、ローコスト接続で簡単な弊社の遠隔監視システムReMoSyも是非検討ください。



ReMoSy EB

ReMoSy EB

ReMoSy KW

ReMoSy KW

過去のメルマガでもReMoSyについて紹介しておりますのでよろしければご覧ください。

ReMoSy EBについての紹介
メルマガ2018年10月号
インバータの遠隔監視について詳しく説明しています

ReMoSy KWについての紹介
メルマガ2018年11月号
電力データの遠隔監視について詳しく説明しています。


 

最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年5月14日号

お世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

クローバー マトリクスコンバータとは

さて、今回はインバータを更に発展させたマトリクスコンバータ(以下マトコン)のご紹介です。

インバータでもよくわからないのにマトコンなんて余計ややこしそうなものが出てきたと思われるかもしれませんが今までのインバータの弱点を補う上位機種だとまずはご理解ください。

クローバー メリットとデメリット

まずは、マトコンのメリットとデメリットをご紹介致します。

メリット
・商用電源とほぼ同じ正弦波の為、リアクトル※1などによる対策が不要
・高調波ガイドラインをクリアしているため高調波流出電流計算書の提出が不要
・力率が0.98(インバータ単独は0.75)と高いため電源設備容量の小型化が可能

デメリット
・インバータに比べコストが高い(2倍以上です)。
・受注生産の為、納期がかかる。
・サイズバリエーションが少ない為、盤の大きさが制約される。

例2

(マトコン盤写真 400V/315kW)

クローバー マトリクスコンバータの仕組み

まずは、従来の汎用インバータとマトコンの違いです。
従来の汎用インバータはAC→DC→ACと変換して出力しております。
一方、マトコンではAC→ACとダイレクト変換している為、出力波形もきれいな正弦波になり今までのインバータではリアクトルを用いて力率対策をしていたものが不要になる機能を備えております。

マトコンの引き合いは病院案件や大型施設案件からが多くなっています。
「周辺機器に悪影響を起こさせたくない」、「すでに施設では高調波ガイドラインの制限にひっかかりそうな状況」など心配されているお客様になります。

※1 高調波及びリアクトルについては下記のバックナンバーをご参照下さい。

【八紘テクノ通信2015年11月号】インバータ制御盤のリアクトルってなに?


ご質問、お問い合わせはFAXかメールにてご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2019年4月16日号

お世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

3月にはインターン生5名の卒業と5名の新しく入ったインターン生の歓送迎会がありました。

インターン生による社内の仕組化を始めた時からの、活性化をもたらしてくれた初期のメンバーがごっそりと抜けてしまいとても寂しくあります。

就職した会社でも共に悩み挑戦した経験を生かして活躍されることを願っております。

新しく入ったメンバーも先輩たちの残してくれた知見をベースに更なる飛躍を期待しております。

「みんな、お互いより良い人生を送れるように頑張ろう!」

クローバー 2019年度無料省エネ診断受付開始 (先着順です!!)


空調機、送風機、ポンプ向けのインバータの導入調査が今ならタダ!!

今月は、4月末頃より申し込み開始になる今年度の省エネ診断の御案内です。
弊社も「一般社団法人カーボンマネジメントイニシアティブ」の診断員として登録しておりますのでインバータ調査の有無に関わらずお気軽に御相談ください。

クローバー 省エネ診断を受けるメリット


お客様が診断を受ける3つのメリット
1.機器のリスト化が整う
2.削減ポテンシャルが分かる
3.事業収支診断(ライフコスト診断)ができる

さらに、補助金申請事業の対象として認可されやすくなります。

クローバー 省エネ診断その1(経済産業省の支援事業)


「省エネ相談地域プラットフォーム」
対象:年間エネルギー使用量1500kL(第二種エネルギー管理指定工場)未満の中小企業、
または大企業の中小規模事業所

地域:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、宮城県、山形県、福島県

費用:完全無料

限られた地域で中小規模事業者(事業所)に限られますが、準備する資料もほとんどなく、支払いも発生しませんのでインバータ導入検討だけでも気軽に御相談下さい。

省エネプラットフォーム申込書


クローバー省エネ診断その2(環境省の支援事業)


「CO2削減ポテンシャル診断」
対象:年間CO2排出量50t以上、3000t未満
(1事業所の年間光熱費が1億円未満程度)

地域:全国

費用:最大110万円まで補助
※1 支払いは発生しますが、後から還付されます。
※2 消費税(最大8.8万円)は事業者負担です。

メリットは設備毎のエネルギー計測を行うので、対象機器毎のデータ使用量を把握して省エネ対策を行うことができます。

CO2削減ポテンシャル診断事業申請申込書


環境省CO2削減ポテンシャル診断事業ご案内書

詳細はこちらをダウンロードしてご確認下さい。

・上司からコストダウン対策を出せと言われ困っている。
・省エネを何から取り組んでいいのかわからない。
・図面や機器リストがないので外部の人に相談しにくい。

このようなお悩みをお持ちの方、国に調査費を支援していただけるありがたい制度です。
商材を押し売りされる事はありません(笑)
安心して御相談下さい。

八紘テクノ通信2019年3月12日号

お世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

「年度末の追い込みで大忙し」と日々に追われている方もたくさんお見えになると思いますが、東京では早くも梅の終わりが近づき桜の開花予想日がすぐそこまで来ているようです。

さて、今回のテーマは弊社のミッションとして掲げております「動力系モータの電力量とCO2排出量の削減」からは少し外れます。
どちらかというと設備をお持ちのお客様のクレーム対策です。
その中で以下に紹介する事例1.は特に引き合いが多くなっております。

クローバー 設備の音トラブルを解消

事例1.ポンプの異音対策(改善事例集NEW)
https://www.hakko-techno.co.jp/case/improvement/improvement04.html

対象機器:揚水ポンプ、給湯ポンプ、熱源ポンプなど

症状:モータ起動時や停止時に「カンカン」、「ゴーン(ゴゴゴー)」といった大きな音が発生
(対策でクッションタンクを取り付けても解消できない場所を含む)

問題点:マンション(住民)、病院(入院患者)、ホテル(宿泊客)などからのクレーム

対策:インバータにより加減速を滑らかな運用に改善して急激な水流変化による配管の振動などをなくし異音発生を解消

事例2.冷却塔(クーリングタワー)の騒音対策(改善事例集2)
https://www.hakko-techno.co.jp/case/improvement/improvement02.html

対象機器:冷却塔(クーリングタワー)冷却ファン

症状:モータ起動時に「ドン」(起動音)、「キュルキュル」(ファンベルトのすべり音)といった大きな音が発生

問題点:近隣住民などからの騒音クレーム

対策:インバータにより加速を滑らかな運用に改善すると同時に新たに設ける温度制御により、頻繁な発停制御を少なくし原因を解消、また省エネにも貢献


上記にあげた事例は長年お困りになっているお客様からご相談を受けることがとても多いです。
試運転でお困りごとが解消される結果が出て、立会いの方から歓声や拍手が起こることもあります。
そんな時、本当に嬉しいひとときを味わっています。
皆様のところでも思い当たる事例がある方は是非ご相談ください。

八紘テクノ通信2019年2月12日号

いつもお世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

弊社では年度末の駆け込み案件、インターン生の卒業と新規採用と引継ぎなど忙しい時期を迎えております。
そんな繁忙期でも全社員が月20時間以内残業に収まるよう「働き方改革」を実現すべく奮闘しております。

皆様も休養をしっかりとってインフルエンザなどにかからぬようご自愛ください。


クローバー インバータの遠隔操作

前回のメルマガで遠隔監視システムReMoSyについてご紹介させていただきましたが、今回のテーマではインバータの遠隔操作について2つの事例を交えてご紹介いたします。

1.「中央監視室で設定周波数を変更したい」

[送風機事例10] ホテル厨房内換気装置(排気ファン)
7.5kW~15.0kW 6台 ⇒費用1100万円 約39%削減
詳細はこちら。
https://www.hakko-techno.co.jp/case/installation/blower/case10.html

お客様のニーズとしては「夜勤の際に設備担当が1人なので常駐場所で管理、操作を行いたい」というものでした。


2.「設備と離れた場所から設定を変更したい」

商業施設外調機
15.0kW~22.0kW 4台⇒費用830万円 約46%削減

こちらは事例集には掲載しておりませんが下記のような概要になります。

インバータ遠隔操作概要図

例2


使用イメージ

例2



お客様のニーズとしては「休みの日でも施設外からパソコンやスマホで状況確認と設定変更を行いたい」というものでした。

別のお客様からも「遠隔地のお客様の設定調整を会社から行いたい」というご要望も頂いております。

昨今の省人化、省エネ最大化、IoT化のニーズからインバータの設定周波数を時間帯や季節に合わせて変更し、省エネを最大化できるようにするチューニングを行う必要性が増えてきております。


クローバー ReMoSy(リモシー)との違い


ReMoSyはインバータシステム運転状況、電力データの“遠隔監視”を行う専用機です。
設定変更などを行う“遠隔操作”の機能はReMoSyにはありません。

今回ご紹介している“遠隔操作”の事例は、お客様のニーズに合わせてカスタムで製作しております。
これからも最適なシステムをご提供できるよう努めてまいりますのでご意見、ご要望などお気軽にご返信ください。

八紘テクノ通信2019年1月15日号

いつもお世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

早くも1月半ばを迎えておりますが今年も1年宜しくお願い致します。

クローバー ホームページを続々更新!

皆様に少しでもお役に立てる情報提供ができるように、弊社はホームページの拡充を図っております。
今まで「インバータ専業」と御説明しておりましたが、業種や周辺事業を少しずつではありますが広げつつあります。

その中で昨年の間に新しく紹介することになった内容を以下に掲載したいと思います。

クローバー1. 八紘テクノの遠隔監視システム ReMoSy

新しくサイトに掲載しました。
チラシよりも詳細を説明させていただいております。
インバータシステム、電力データの遠隔監視にご検討いただければ幸いです。

遠隔監視システム ReMoSyの製品情報はこちら
https://www.hakko-techno.co.jp/product/remosy01.html

クローバー2. 事例集追加(送風機9-12)

今回、送風機の事例を追加しています。
弊社ではビル向けの事例が多かったのですが工場向けの集塵機等も最近お引き合いが増えており、省エネ効果も下記の通りでております。

9.工場内換気装置(排気ファン)
11.0kW 1台 ⇒費用90万円 約44%削減
送風機事例9はこちら
https://www.hakko-techno.co.jp/case/installation/blower/case09.html

10.ホテル厨房内換気装置(排気ファン)
7.5k~15.0kW 6台 ⇒費用1100万円 約39%削減
送風機事例10 はこちら
https://www.hakko-techno.co.jp/case/installation/blower/case10.html

11.工場内集塵機ファン
90.0kW 1台 ⇒費用560万円 約51%削減
送風機事例11はこちら
https://www.hakko-techno.co.jp/case/installation/blower/case11.html

12.工場内集塵機ファン
37.0kW 1台 ⇒費用280万円 約40%削減
送風機事例12 はこちら
https://www.hakko-techno.co.jp/case/installation/blower/case12.html

八紘テクノ通信2018年12月11日号

いつもお世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

今回は来年度の補助金を使った省エネ設備導入をご検討の方、これから考えてみたいというお客様へのご案内になります。

クローバー 調査をするなら今がチャンス!

なぜ今がチャンスなのか?
・2019年度補助金の概要が見えてきたこのタイミングなので狙いを絞った調査ができる(省庁側都合)

・無料省エネ診断は年度事業の為、調査診断~報告までを遅くとも1月中に終える必要がある(調査側都合)

・4月以降の調査では申請書類が公募に間に合わない可能性が高い

以上の理由で事前準備をしっかりして来期の省エネ、CO2排出量削減が最大限実現いただけるようお力になれば幸いです。

省エネ補助金といえば経済産業省の「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」、業界ではエネ合(えねごう)と呼ばれるものが予算規模も大きく一番有名だと思います。

ですが、弊社はインバータシステム導入単独でも申請が可能で、提出書類も比較的少ない環境省の「設備の高効率化改修支援事業」をおすすめしております。

クローバー補助金を活用した省エネ

【補助金を活用する】
環境省
「設備の高効率化改修支援事業」(EIE事業)

例2

(設備の高効率化改修支援事業-環境省)から抜粋

小規模事業者は2/3、それ以外は1/2の補助金交付となります。

2018年度は公募期間が4月27日~6月14日、交付内示は7月中旬でした。
2019年度も同様のスケジュールが見込まれます。

【何が省エネできるか調べる】
環境省
「中小企業等に対する省エネルギー診断事業費補助金」
無料省エネ診断をご活用いただけます。

(東京、埼玉、千葉にある中小企業の方)

弊社も参画しております、経済産業省平成30年度省エネ相談地域プラットフォーム事業採択機関「首都圏プラットフォーム 無料省エネ診断」を是非ご活用ください。

インバータシステムについての調査はもちろん、他の設備に関しても無料で省エネ診断を行います。
施設全体の効率の良い省エネ方法や、設備投資を行った場合の投資回収年数等、経営判断ができる診断報告書をご提出させていただきます。

申込書は以下よりダウンロードしてお申し込みください。
無料診断申込用紙はこちら:
https://casep.j-cm.jp/

無料省エネ診断には予算上限がございます。
予算がなくなり次第終了となってしまうため、調査が次年度以降にずれ込むことになると、補助金申請に間に合わなくなります。

(上記以外の方)

弊社と参画パートナー様のお力を借り、できる限りご協力いたしますので気軽にご相談ください。

無料省エネ診断や調査の際、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。
よろしくお願い申し上げます。

八紘テクノ通信2018年11月13日号

いつもお世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

クローバー 電力データの見える化とは?

10月号では弊社新商品ReMoSyの「インバータ遠隔監視」のご紹介をしました。
今月は「電力データの遠隔監視とデータ収集」についてご案内します。


クローバーブラウザによる遠隔監視

「見張って、対策して、削減して、維持する。」

これがReMoSy運用のキーワードになります。
まずは、下図の日次電力監視モニタをご覧ください。
何を見える化しているのかおわかりいただけますか。

例2

ReMoSyに接続されたエコパワーメータ2台(No.11、No.12)の日次電力監視モニタです。
左側は積算の電力量と稼働時間、右側は1時間ごとの消費電力量のグラフを表しています。
このトップ画面を見て「運用確認が簡単そう」と感じていただければ幸いです。

画面では朝の立上り7時~9時が突出して高い電力を表しています。
運用改善によりピーク電力を抑えてデマンド値を下げたり、日々の電力量推移をグラフで確認しながら更なる省エネ改善を続けていきます。

「簡単設定・安心のポイント」

・電力データだけならReMoSy1台で19台までまとめて管理

・工事業者いらずの簡単設定、RS485で配線するだけ

・SIM内蔵でインターネット環境がなくても利用可能

・セキュリティ、バックアップも安心のクラウドサーバー「Microsoft Azure」を使用

セキュリティ面で大手のユーザー様にも安心いただけるシステム構築を念頭に製作いたしました。

クローバー電力量データをメールで送信

例2

電力監視についてはお客様のレポート作成が少しでも簡単にできるように作成しております。
監視モニタ画面をそのまま活用いただくか、エクセルデータからグラフ等を作成いただくことができます。

データは毎月1日に前月の時間毎、日毎の積算電力量と稼働時間をCSVデータでメール送信します。(上の監視データ送信画面参照)

注1.デマンドコントロールの機能は有しておりません。

注2.電力データ監視に使う機器はエコパワーメータ「KW1Mシリーズ」パナソニック製のみになります。

エコパワーメータ KW1Mシリーズ
https://www3.panasonic.biz/ac/j/fasys/eco/eco/kw1m/index.jsp/

ご質問、相談もどしどしいただければ幸いです。
ReMoSyをご利用いただく方がより省エネとCO2排出量削減に
貢献いただけることを願っております。

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。
よろしくお願い申し上げます。

八紘テクノ通信2018年10月16日号

いつもお世話になっております。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

クローバー インバータシステムの見える化とは?

さて、昨年から開発しておりました商品の発売にやっとこぎつけることが出来ました。
弊社インバータシステムをIoTを用いて遠隔で監視する、ReMoSy(リモシー)という商品です。


用途を八紘テクノのインバータシステムに特化している為、お客様でのセットアップ作業もほとんどなく、IoT知識のない方も苦労せず導入いただけると考えております。

リモシーは主に2つの機能を有した商品になります。

1.インバータの遠隔監視
2.電力データの遠隔監視とデータ収集

今回は「1.インバータの遠隔監視」についてご案内します。

クローバー遠隔監視でインバータをどこからでも監視

まずはトップ画面をご覧ください。
左上が接続機器の電力データ、左下と右側がインバータの監視画面になります。

例2

機器を接続いただくとリモシー1台で最大インバータと電力データ10台をまとめて管理することができます。

インバータとエコパワーメータ(電力計測機器)を自動認識して画面に運用データが表示されます。
リモシーは弊社インバータシステムのEBシリーズ、EBLシリーズどちらにもお使いいただけます。
但し、他社システムにはご利用いただけませんので御注意下さい。

クローバー故障していないのに省エネできていない?

例2

弊社インバータシステムには「商用切換回路」を標準装備しております。
インバータの故障時や突発で高速運転に戻したい場合などに使われます。 (システム導入前の"インバータなし"運転に切換わる動作です。)

まれにですが、インバータ運転に戻し忘れて何ヶ月も省エネ運転ができないまま放置されているような現場も目にしてきました。(故障しているわけでもないのに非常にもったいないです。)

そのため商用運転に切換わったタイミングで事前に指定いただいたメールアドレスにお知らせするようにしました。

クローバーインバータトラブルをお知らせ

例2

通常運転ではめったにトラブルが起こりませんがエラー発生の際にはメールアドレスにお知らせします。
エラーの詳細情報に関しては監視画面かインバータ本体のオペレータパネルのエラーコードをご確認いただき、マニュアル記載の復旧対応を行っていただきます。

リモシー導入でメリットを感じていただけるのは以下の様な方ではないでしょうか?

・遠隔地の工場を管理している(施設管理担当者など)
・複数の施設をまとめて管理している(ビル管理会社、ESCO事業者など)
・施設内立ち入りに許可が必要な設備(病院、プラント、商業施設の店舗内など)

現地に行かなくても状況把握が出来るので出張コストなどの費用削減にもつながります。

誰でも簡単に見える化と省エネ運用改善ができる。
それが八紘テクノの目指すIoTの姿です。

八紘テクノ通信2017年12月、2018年2月では、IoTについて紹介した記事を掲載しております。
こちらも予備知識として御参照下さい。

次回は「2.電力データの遠隔監視とデータ収集」についてご案内いたします。
最後までお読みいただきありがとうございました。


最後まで目を通していただき、ありがとうございます。
よろしくお願い申し上げます。

八紘テクノ通信2018年9月11日号

いつも弊社メールマガジンをご覧いただき有難うございます。
八紘テクノの尾関です。
東京工科大学大学が産学連携の取り組みとして行っている「コーオプ実習」の学生レポート第2弾をお届けいたします。

クローバー (おさらい)コーオプ実習とは

まず、コーオプ教育(Cooperative Education)について知りたい方はこちら
東京工科大学 コーオプ実習について
http://www.teu.ac.jp/gakubu/eng/coop_edu.html


弊社ではフルタイムの若手人材による職場の活発化、社内の問題点が明確になる、新卒採用時の予行演習になる等の効果が得られました。

学生側は企業内就労体験が授業の一環として労働報酬をもらいながら、単位取得(8単位)もできます。
就職前に会社で働くことを具体的にイメージできたと思います。

4月から2か月間、授業の一環としてフルタイムで2名のインターン生が弊社で活動し気づいた点、感じた事を前回に続き紹介します。

クローバー インターン生の主な業務内容

インターン生の業務ですが、業務内容は大きく総務と技術の2つに分かれます。

総務では主に注文書や見積書などの書類作成、資料送付、社内マニュアル作成などがあります。

技術ではCADの図面作成・修正、設計記録表の作成、インバータのパラメータ設定、現場作業の補助、完成報告書の作成、社内技術マニュアル作成などがあります。

その中から印象に残った業務を2つ紹介いたします。

クローバー 環境整備とマニュアル作成

1つ目は環境整備です。
環境整備とは、「環境を整えて備える」という意味があり、弊社では毎朝社内全体の環境整備に取り組んでいます。

私は掃除用具棚の整備を担当していました。
以前から棚には置き場を決めて用具を置いていたのですが、写真のように置く位置や向きが分かるように工夫しました。
その結果、整理や在庫確認がしやすくなりました。

導入事例集 ポンプ編 改善事例集
改善前 改善後
棚に用具の名称と置き場所の印をつけたことで、以前よりも用具の管理がしやすくなりました。
                    

また、環境整備の時間を活用して、技術の担当者が使う工具整備や在庫の確認もしています。
片づけをするのではなく日々改善を重ね、進化させていくのが環境整備の特徴です。


2つ目は「社内マニュアルの作成と実証作業」です。
社内マニュアルは初めてその業務を行う人でも手順通りに業務が行えるよう、共通ルールの中で分かりやすく作成されています。

インターン生が作成した多くの社内マニュアルを参照しながら作業を進め、わかりにくい所は修正しながら社内マニュアルを使いやすく進化させています。


社内マニュアル

その中でも特にインバータのパラメータ設定マニュアルは、安全かつ効率よく作業が進めるように手順が書かれているため、幾度も助けられました。

いざ自分でマニュアル作成をしてみると、自分の思い込みで作成してしまい、うまく伝えることが難しく、大変苦労しています。
しかし、こういった経験から「客観的に物事を考えて伝えられること」が大切だと気づくことができました。

クローバー 2か月間の実習を終えて

弊社の社員はベテランの専門技術者が多いので普段大学での座学では学べないことを沢山吸収することができました。
まだまだ未熟者ですが、世の中に役立つ社会人になれるよう、努力していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

八紘テクノ通信2018年8月21日号

いつも弊社メールマガジンをご覧いただき有難うございます。
八紘テクノの尾関です。
東京工科大学が産学連携の取り組みとして行っている「コーオプ実習」の学生レポートをお届けいたします。


クローバー コーオプ実習とは

まず、コーオプ教育(Cooperative Education)について知りたい方はこちら
東京工科大学 コーオプ実習について
http://www.teu.ac.jp/gakubu/eng/coop_edu.html


弊社ではフルタイムの若手人材による職場の活発化、社内の問題点が明確になる、新卒採用時の予行演習になる等の効果が得られました。

学生側は企業内就労体験が授業の一環として労働報酬をもらいながら、単位取得(8単位)もできます。
就職前に会社で働くことを具体的にイメージできたと思います。

4月から2か月間、授業の一環としてフルタイムで2名のインターン生が弊社で活動し気づいた点、感じた事を今回と次回にわたり紹介します。

クローバー 社内の「みえる化」について

実習として、八紘テクノには環境に配慮した開発や産業を目指すサスティナブル工学というものについて学びに来ました。
その中で、社内の仕組み作りというものにも感銘を受けました。

皆さんは「標準化」という言葉をご存知でしょうか?
「標準化」とは特定の仕事が限定された人にしか行えない「属人化」の反対の意味で、その仕事を様々な人が行えるようにするという考え方です。
それによって、誰もがその仕事ができ、その情報を共有できるようになるということです。

弊社では、標準化に向けて様々な社内の「みえる化」の仕組み作りが行われています。
とても興味深いものが多く、その一部を皆さんにご紹介したいと思います。

一つ目は、電話対応の「みえる化」です。
弊社では、すべての電話機の下に電話対応の簡易マニュアルが備え付けられています。


電話応対の簡易マニュアル

取次先の社員の状況により、どのような文言で何をしなければならないのかが分かりやすく書かれています。
一連の対応が見えるため、私はこのマニュアルにとても助けられました。

二つ目は、インターン生の作業の「みえる化」です。
下にある写真は、インターン生個々のその日の作業をまとめたホワイトボードです。


インターン生個人の作業内容

毎日の朝礼・昼礼で、ホワイトボードの内容を社員の方々と確認します。
帰りに進捗状況を反映させて、常に周りの人に作業項目が見えることで、責任感が生まれます。
当人はやらなくてはいけないことが明確になり、作業がスムーズに行えます。
一方で、周りは無理のない仕事の割り振りを行うことができるようになります。
両者の立場で、この仕組みは役立っています。

クローバー 2か月間の実習を終えて

実習として月曜から金曜まで8週間働きました。
普段大学へ向かう時間よりも早く出る必要があり大変でしたが、必修単位のため歯を食いしばって頑張りました。
ちなみに、責任感を創出するという狙いで働いた分のアルバイト代が出ました。
お給料を頂き、社会人が初任給を受け取る時の気持ちが分かった気がしました。
まさに、実学でした。

最後まで目を通していただき、ありがとうございます。

八紘テクノ通信2018年7月10日号

クローバー インバータの新規導入の流れ!

過去のメルマガでは弊社のインバータシステムがどのようなものかをインターン生の目線で説明してきました。

そこで、今月号ではインバータシステムを実際に新規導入するために、どのようなことを行うのか、わかりやすく説明します。

まずは、どのような手順で新規導入されるのかについてです。
導入までの流れですが、

①事前調査

②現地調査

③お客様との打ち合わせ

④契約

⑤導入

と5つの手順で行われています。

その中でも今月号では、お客様が一番関わる事前調査の項目に焦点をあて説明します。

クローバー 事前調査では何をするのか?

インバータの新規導入を行う際には、事前調査として「検討依頼書」をお客様に記入していただくところから始まります。

「検討依頼書」の入手方法についてですが弊社のサイトからいつでも無料で、ダウンロードができます。

削減

「検討依頼書」には設備の種類や設置場所、モータ容量や台数、稼働時間などを確認、入力していただきます。
入力していただいた情報を基に、弊社で「電力削減計算書」を作成し省エネ見込みを精査した上で、本調査に進むかどうかをお客様に確認します。

その後に、現場調査、打ち合わせを行い、見積、契約、導入という流れで進んでいきます。

クローバー どんなものが納品されるの?

弊社が納入している「E-BRACE」と「E-BRACE L」という2種類のインバータシステムによって、お客様のご要望を反映した導入をサポートしております。

           2種類のインバータシステムの特徴           

例2

E-BRACEでは多様な形状や制御に対応したカスタムが可能です。
E-BRACE Lは小型ローコストで省エネができることがメリットです。

ホームページや資料ではより詳しく2種類のインバータシステムについて記載していますので、よろしければこちらをご覧下さい。

ホームページはこちらからご覧になれます!

導入事例集 ポンプ編 改善事例集

2種類のインバータシステムの資料は
こちらからダウンロードが可能です!           

E-BRACE

導入事例集 ポンプ編

E-BRACE L

改善事例集

今回のメルマガでは弊社がどのような流れで、お客様とコンタクトを取りながらインバータシステムを新規導入するのかを少しでも知っていただければと思い記しました。
ご意見、ご感想などいただければ幸いです。

八紘テクノ通信2018年6月12日号

クローバー 本当に省エネできているの?

弊社の取り組みは、インバータによる電力消費量のコントロールで
省エネ・節電・二酸化炭素削減を実現することです。

しかし、インバータってよく分からないし
肝心な「どれくらい省エネされるのか」が分からないですよね…。

今月はインバータについてよく分からない方にも
インバータで省エネが可能だということをお伝えしていきます!

クローバー 省エネの仕組み

インバータはモータの回転数を制御することで省エネすることができます。

例えば、周波数が60Hzの地域で、
インバータでモータを48Hz、30Hzに制御すると
下図のように電気料金を削減することができます!

削減

クローバー 本当に省エネできる!

ここからは、どのように回転数を制御しているのかを
「毎日24時間空調機をつけっぱなしにしておく必要がある施設」
の2つ事例からご説明します。

例1

お客さまがいないチェックアウトからチェックイン(10:00~15:00)までは30Hzにします。
お客様がいるチェックインからチェックアウト(15:00~翌10:00)は 適切な温度にできる48Hzにします(真夏はもう少し高く設定します)。

削減

この場合、1日全体で54.6%の削減が見込めます!

例2

厨房では臭い対策のため、排気ファンを回し続けなければなりません。 調理中・食洗機稼働中は全開運転(60Hz)、その他は5割運転(30Hz)にします。

削減

この場合、1日全体で54.28%の削減が見込めます!

このように、能力を下げても大丈夫な時間帯があるのにそのままの周波数でいることは 省エネや節電のチャンスを逃してしまっています!
この機会に、もっと省エネ・節電をできるか考えてみませんか? ホームページには他の事例も掲載しております。是非ご覧ください。

八紘テクノ通信2018年5月8日号

いつもお世話になっております。
代表の尾関です。
今回は趣向を変えて、社内で活躍しているインターン生の話です。
電話対応、業務や設計のサポートやマニュアル作成等で様々な仕事に取り組んでもらい、社内の仕組みづくりが加速し活気ある会社になりつつあります。
人手不足、人材不足と言われている中で皆様の会社の採用活動の取り組みに今回のメルマガが少しでも参考になれば幸いです。

クローバー インターン生自己紹介

八紘テクノでは、空調関連のポンプ・ファンにインバータを取り付ける制御盤の図面の加筆、修正から、電話対応、在庫整理、社内マニュアル作成などの事務作業まで幅広く仕事をしております。

クローバー 私が惹かれた八紘テクノでのインターン

就職活動に力を入れ始める人が多くなった大学3年の7月頃、自分もまずはインターンシップをやろうと思い立ち、様々なところから情報を仕入れていました。
そこで偶然見つけた八紘テクノの募集情報の一つに「CADができる人募集!」というのがありました。
企業の会社概要を見ても「?」となりがちな自分にとって、とてもわかりやすい募集内容で、かつ大学で自分の得意としていたCADの経験を実際の社会の場で扱えると思いすぐさま応募しました。
 
八紘テクノではインターン生が一つのプロジェクトの輪の一員として参加することができ、実際に会社が前に進むために仕事をするという責任感を直感的に学べる環境だったので意欲的に仕事に取り組むことができています。

クローバー 社長、社員たちはどういう人?

八紘テクノの尾関社長はとにかく明るい性格です!
とにかく周りの人と接するのが得意で、周りを巻き込んで仲良くする、友人に一人はいるそんなタイプです。
社員の方々もインターン生を仕事仲間の一員として扱って下さり、かつ私たちが失敗した時もすかさずカバーをしていただいています。  

そんな社員の方々の気遣いと、それに加えインターン生の先輩方が作成してくれたたくさんの業務マニュアルのおかげで、後から入った私もすぐに会社の業務に慣れることができました。
今はコツコツと社会人として必要な力を身につけている最中です!

八紘テクノ通信2018年4月10日号

クローバー 前回のおさらい

前回3月号のメルマガでは以下の3点について、
インターン生の視点からご紹介させて頂きました。

  • インバータの仕組み
  • インバータの有り・無しの省エネの効果について
  • 導入事例について

今回のメルマガでは、それを踏まえてインバータの種類(専用インバータと汎用インバータ)と違いや、当社が現在取り組んでいるインバータ×IoT事業(見える化)のご紹介をさせて頂きたいと思います。

クローバー 2分で分かる専用インバータと汎用インバータ

「専用インバータ」と「汎用インバータ」の違いを私の大好物
「カレー」を用いてざっくりと説明をさせて頂きます。

「専用インバータ」はレトルトカレーのように、既に製品に組み込まれています。専門的知識や技術が必要なく、誰でも簡単に操作できます。
(例) 家電製品のエアコン、洗濯機、冷蔵庫など身近な機器が多いです!

一方で、「汎用インバータ」とは家庭でつくるカレーのように“レシピ”があれば味の濃さ、量、カロリーなどを必要性や目的に応じて調節できます。
「汎用インバータ」でレシピに該当するのがパラメータ設定です。
設備に応じた一品一品の制御が可能になります。
(例) 産業用で使う空調機ファン、ポンプ、送風機 などがあります。

弊社では「汎用インバータによる電力削減」をお手伝いさせて頂いています。
過去のメルマガでは「専用インバータ」と「汎用インバータ」の2つに焦点を当てて詳しくご紹介させて頂いた回があるので詳しくはそちらをご覧ください。

クローバー インバータ×IoT(見える化)

私はインバータが省エネに役立つ事は理解したのですがどれだけ省エネに貢献しているかはあまり実感がありませんでした。

しかし、実家の太陽光パネル設置をきっかけに現在お得感を実感できています。
そして、太陽光で発電した【直流】の電気を【交流】の電気へ変換する際に(家庭内で利用・売電するため)「インバータ」が活用されていることを知り、より身近に感じられるようになりました。          

実家では太陽光パネルの発電量・家庭内の消費量・売電量をモニター越しでチェックしています。
そうしたIoTを活用した「見える化」によってお得感、節電意識が持てるようになっただけでなく、天気によって変化する発電量の違いもリアルタイムで楽しんでいます。  

太陽光

弊社でも開発部がインバータとIoTを組み合わせて「見える化」を促進しています。
インバータでお得感を実感してもらえるような仕組みづくりに取り組んでいます。詳細は2018年2月号のメルマガをご参照ください。
最後までお読み頂きありがとうございました。

八紘テクノ通信2018年3月13日号

今月から2ヶ月に渡ってインバータについてインターン目線で紹介していきたいと思います。

クローバー インバータって何してるの?

皆さんご存知かもしれませんが、インバータは次のような手順でモータを制御します。

  1. 交流を直流に変換する → 元の交流の周波数から変更する前準備です
  2. 直流を交流に変換するとき、周波数を変換する → 元の交流の周波数とは異なる周波数での出力が可能になります
  3. 周波数を変更した交流を出力する → モータが回転する速度をコントロールします

インバータはモータの速度を周波数が変化した交流でコントロールする「モータの運転手」のような働きをしています。

クローバー インバータをつけるとどう変化するの?

インバータありの時となしの時で比べて考えてみたいと思います。

インバータなし

モータが「止まっている」か「全力で回る」かのどちらかしかないため
最大限の能力を必要としない(ゆっくり回転させたい)ときでも最大電力を使い続けたり、
「ON」と「OFF」の切り替えのみで調整しているため設備への負荷も高く、無駄な電力消費も多くなっていました。

インバータあり

モータを「ゆっくり回す」「停止信号から1分後に止める」など細かい調節ができるようになるため、 的確な調整ができるようになります。
そのため、快適で省エネな運転をすることが可能になりました。
インバータを設置することで 加速、減速の方法も調整できるので設備の発停頻度を抑えて、電力消費も少なくできます。

クローバー どんなところで活躍しているの?

身近なところで例を挙げますと、
最近のエレベータは、乗り心地が快適になったな~と驚くことはありませんか?

これはインバータのおかげなんです!
たまに古いエレベータに乗ると、動き出しや停止の際にガクガクとした動きや遅いスピードがとても気になります。

しかし最近のエレベータはインバータが搭載され、モータの回転数を自在にコントロールできるため、滑らかな加速、停止や高速運転ができるようになっているんです。

インバータにより、冷蔵庫やエアコン、洗濯機なども無駄なく効率的にモータが働けるようになり、省エネだけでなく、機器の長寿化、快適な運転を可能にしています。

弊社では建物で使われている既設のファン、ポンプなどのインバータ未設置の動力系モータを中心に、従来の設備を残したままインバータ化を行っています。

ホームページに詳しい事例やサービスについて記載されていますので、こちらもご覧いただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 来月のメルマガもどうぞ楽しみにお待ちください!

八紘テクノ通信2018年2月14日号

今回は、去年12月号で触れたIoTについて、実際の導入例を交えて具体的に説明します。

設置事例

去年の12月末、すでに弊社のインバータシステムを導入していただいている施設にご協力をいただき、開発中のIoTの組み込みを実施、1ヶ月間の運転テストを行いました。

機器構成は簡単に表すと以下の通りです。
以下より、インバータをINV、電力量計をkWMと表記します。

デモ機構成

デモ機は INVのデータ(赤文字)kWMのデータ(青文字)を以下の要領で採取します。

  1. 積算電力量 [kWh]
  2. 積算運転時間 [h]
  3. 運転状況(運転中、停止中、商用運転)
  4. (インバータの異常)エラーコード

将来的には瞬間電力量も採取する予定です。

データの見える化

弊社IoTの導入は次の特徴を持ちます。

  1. エネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入していない施設でも、遠隔で「見える化」ができます。
  2. 「見える化」によって、インバータの電力データと異常が監視できます。
  3. ローコストでの提供ができます。

採取したデータをグラフや数値で表現し、「見える化」します。
下図、左の画像は積算電力量のグラフ、右の画像はインバータの運転状況を示したものです。
インバータの運転状況は、数値で判断します(1は正常運転、0だったら停止中)。

デモ画面 デモ画面

皆様の「見える化」に対するニーズにできるかぎりお応えできるように努めてまいります。

八紘テクノ通信2018年1月16日号


今年も引き続き八紘テクノ通信の連載をさせていただきます。
どうかよろしくお願いいたします。

さて、今回は、「インバータのメンテナンス」についてご紹介いたします。

クローバー メンテナンスの必要性

インバータに備えつけられているヒートシンクやファンは、
長期間使用していると、詰まりや回転不良によりインバータの不調や故障を招きます。


現場の方に聞いてみたところ、使用環境によってチリ、ホコリの影響や経年劣化により空冷の効果が弱まってしまうという理由があります。

そのような事態を防ぐために、定期的にインバータのメンテナンスを行う必要があります!

クローバー メンテナンスの流れ

「インバータが不調!」「インバータが故障してしまった!」というときには、

  1. インバータに表示されているエラーは何か
  2. 不調なインバータが実際どのような動作をするのか

の順に 2 点を確認します。 必要があれば、インバータ交換や盤換気ファン交換、吸気フィルタ交換を行います。 mente

クローバー メンテナンスでの関わり

私たちインターン生もインバータの点検、更新や盤の製作で関わっていることがあります!
それは、報告書作成と設計記録表の作成です。

報告書では、インバータ更新作業の現場写真や新旧インバータのパラメータや消費電力をまとめ、お客様に提出致します。


設計記録表では、新規導入したインバータの容量や盤の寸法、制御対象、制御方式 といった仕様が即座にわかるようなデータシートの作成やそのためのマニュアル作成も行います。

普段、インバータに馴染みのない私達インターン生でもわかりやすい設計記録 表やマニュアルを作るため、社員さんとも相談し、日々改善に努めています!


詳しくは、弊社ホームページ 4.点検・チューニングもご覧ください。
https://www.hakko-techno.co.jp/service/seigyoban03.html

八紘テクノ通信2017年12月12日号

今回は、弊社が取り組んでいるIoT事業について簡単にご紹介させていただきます。

「IoTって聞いたことあるけど良く分からない...」
「結局何ができるの?」
と思っている皆様へ。
まずは、弊社バージョンの IoT がどういうものなのかをこのメルマガを通して知っていただき、

「IoT ってこういうもんだな」、「こういうことができるんだな」

という状態になっていただければ幸いです。

クローバー IoT って何ですか?

前述の通り、「IoT(Internet of Things)」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います(ちなみに読み方は「アイオーティー」です)。
「IoT」とGoogleで検索すると、次のような説明を見つけることができました。

IoT とは、センサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです (引用:https://soracom.jp/iot/)。

私はこれだけでは理解できませんでした。仕事とは違ったもっと身近な例で考えてみましょう。
例:戸締りをIoT化すると…?

私は仕事中に4回ぐらい「戸締り大丈夫かな?」と不安になってしまう日があります。
恐らく、皆様も " 戸締りが不安になった " 経験があるかと思います。
つまり、戸締りの状況が「その場で見えない」というのが問題なわけです。言い換えると:

問題:戸締りの状況がその場で分かりたい。

実はこの問題はある程度解決されていて、「IoT 戸締り」と調べるとすぐに出てきます。
ドアに特殊なセンサ(モノ)を取り付けることで、戸締りができているかという情報がインターネット通信(またはBluetooth)によって、 スマートフォンやタブレット等の通信機器に戸締りの情報が送信されます。
つまり、「遠隔で情報が "見える化"」が実現できます。
これがIoTの導入の大きな利点の1つとも言えるでしょう。 本棚

クローバー 社内での取り組み

では、「IoTは何となく分かったけど、八紘テクノではIoTについてどんなことやってるの?」というお話になります。
弊社では、IoTを使って次のことをやろうとしています。

  • インバータの電力量遠隔表示 、
  • インバータの遠隔監視(異常があったらメールでお知らせ)
その中で、今回は「インバータの電力量遠隔表示」について箇条書きで説明します。
センサとデバイス
インバータの電流測定にCTセンサを使用、インバータの電力量表示にパナソニック製のエコパワーメータ(以下、WhMと表記)を使用します。
IoTゲートウェイ
エコパワーメータで得たデータをRS485通信で IoTゲートウェイに送ります(IoTゲートウェイとは小さなパソコンだと思ってください)。
3G通信
IoTゲートウェイに入っている SIMカード(携帯に入っている小さいカードです )によって3G通信を確立します。電力データをクラウドサービスに送るための通信手段です。
クラウドサービス(以下、クラウド)
Office、名刺管理や帳簿などのクラウド(SaaS(サース))とは違い、開発やインフラ整備に特化したクラウド( PaaS(パース)、IaaS(イァース))です。
具体的にはデータベース言語によるデータの管理、整理、出力を行います。
BI
BI(Business Intelligence)は、データの内容をグラフ、表、数字などによって分かりやすく具体的に伝える手段のことです。
IoT

近い将来、弊社とお取引をさせて頂いている企業様には、BIによる表示を共有することで消費電力量の " 見える化 " を経験していくことができます。
また、「WhMで得たデータをメールで送ってほしい」というご要望もいただき、外部サービスを用いたメール配信サービスを検討しているところです。

長くなりましたが、以上の取り組みにより次のようなメリットが期待できます。それをタイトルの「なぜIoTなのか?」の答えとします。
メリット
  1. お客様が常にデータを目で見ることができる
  2. 遠隔監視による人員コスト削減
  3. インバータ異常における遠隔サポートが可能
  4. 格安SIMによるランニングコスト(通信費) の削減

以下では、皆様に寄せられた質問にお答えします。
Q1:遠隔 " 操作(制御)" は導入する予定でしょうか。
現時点では、こちらで遠隔で操作するようなシステム作りは検討しておりません。御要望等あれば、別途御相談ください。
Q2:いつ頃から導入できるのか。
現在開発中なので、詳細期日をお約束することはできませんが、2018年4月までにはリリース予定です。
Q3:初期コストはどうなるのか。
検討中です。
Q4:センサの取得データだけを提供してほしいのですが。
メール配信にてご提供できる仕組み作りを検討・開発しております。

八紘テクノ通信2017年11月14日号

八紘テクノでは、2017年2月から大学生のインターン生が入りました。
今では8名のインターン生が6名の社員をお手伝いしています。

八紘テクノ通信は今月号からインターン生が担当させて頂きます。
今まではインバータについて専門的な内容をお伝えしてきましたが、
今回からはインターン生の目線のメルマガ配信を目指していきたいと考えております。
今後とも温かく見守っていただけると嬉しいです。

引き続きインバータに関するQ&Aなどお待ちしています。

今回から新しい試みで【インターン生から見た八紘テクノ】について、お伝えさせていただきます。

クローバー入社前後のギャップ

  • 6名の社員
  • 入社前:インターン生募集欄に社員が6名と記載されていて、事業の規模が控えめなのかと思っていました。
    入社後:社員数は6名ですが、ご利用頂いているお客様物件数が非常に多く、日本各地に及んでいて驚きました。
  • インバータは身近な存在
  • 入社前:インバータってなんだろう…
    入社後:社員数は6名ですが、ご利用頂いているお客様物件数が非常に多く、日本各地に及んでいて驚きました。

クローバー社内の様子について

  • たくさんの本が置いてある
  • 自由に本を読めるようにと、社長が本を置いてくれています。本棚
  • マッサージチェアが置いてある
    お昼休みに使うと午後もやる気に満ち溢れます。
    マッサージチェア



次回からの八紘テクノ通信は、毎月インターン生がリレー方式でお送りする予定です。
これからどうぞよろしくお願い致します。

八紘テクノ通信2017年9月13日号

クローバーあきらめていませんか?小さなモータの省エネ

小型・ローコスト対応しているEBLを紹介いたします。
製品紹介のページは、下記から確認できます。


EBLの詳細はこちらをクリック

EBLの詳細はこちらをクリック



EBLの仕様は、弊社代表の尾関が10年ほど前にお客様に伺ったニーズが基になっております。
「インバータが取り付けられているのは(費用対効果の高い)11.0kW以上がほとんどなんだよね」

「小型のモータではインバータを付けても元が取れないからなあ」

「コストに見合う設備にするために、インバータを直付けするか、自分たちで盤を作らないといけない」

などの声を聞いておりました。

「それならば、小さなモータでも投資効果のあるシステムを提供できれば、
今まで省エネ対策をあきらめていた設備にもインバータを導入することができ、
世の中のCO2削減にも貢献できる。」と考えました。

必要最小限の機器を組み込み、安く提供できる標準品を形にしたものがEBLです。


対応しているインバータ容量は、1.5kW ~ 11.0kWまで、三相交流200Vまたは400Vで使用できます。
価格は ¥165,000 ~ になります。(200V 1.5kWの標準仕様)

●「ローコスト」
いままであきらめていた小型モータにも費用対効果は抜群。

●「軽量、コンパクト」
取付けスペースの狭い所にも設置でき、工事費用の圧縮にもつながります。

●「全国どこでも短納期対応」


現在では省エネ関連の補助金案件にLED照明と合わせてご提案いただいたりすることも増え、 大型施設以外にも導入が広がっております。

八紘テクノ通信2017年8月22日号

クローバー欲しい情報の八紘テクノ通信が見つかります

八紘テクノ通信のバックナンバーページを開設しました。
インバータ制御盤を使用した省エネ、インバータを使用して問題を解決した事例等を
載せた八紘テクノ通信が、いつでも読み返せるようになりました。

・あの時の八紘テクノ通信が載っています。
・インバータ化の事例が載った八紘テクノ通信が見つかります。

八紘テクノトップページ下部の[八紘テクノ通信]、
会社案内のダウンリスト下部の[八紘テクノ通信]、
もしくは以下のリンクから八紘テクノ通信のバックナンバーページを
見ることができます。

バックナンバーページはこちらから

バックナンバーページ

八紘テクノ通信のページから左側のメルマガアーカイブをクリックすると、
全メルマガ一覧が表示されます。

全メルマガ一覧ページはこちらから

全メルマガ一覧ページ

八紘テクノ通信2017年7月18日号

クローバーインバータ制御盤の「三大故障原因」

当社がインバータ廻りの不具合でお客様へ伺った際の故障原因ワースト3は
以下になります。

1.インバータ内部の電解コンデンサ劣化

2.インバータ内部のファン故障

3.盤換気ファン故障

このような事にならない為に、定期的な点検とメンテナンスを
お薦めしています。
定期的な点検とメンテナンスをする事で故障を事前に防ぐことができます。

八紘テクノのメンテナンス契約(長期保証)は、
導入から最大10年間契約を継続できます。
また、通常では1年しかないメーカーの部品保証を
当社保証により5年間に延長できます。

長期保証のページはこちらから

インバータシステム メンテナンス契約

長期保証の内容は、年1回の点検作業とトラブル対応があります。
また、ご使用状況に応じたメンテナンス提案も行っています。

長期保証に加入いただいているお客様からは、毎年の運用状況がわかり、
盤内もきれいな状態にしてもらえると、ご好評いただいております。

すでにインバータ制御盤を導入頂いているお客様
他社導入のインバータでも点検作業は承ります。

インバータ更新は全メーカー対応可能です。



稼働していないインバータありませんか?

稼働していないインバータありませんか?



操作がわからないインバータありませんか?

操作がわからないインバータありませんか?


八紘テクノ通信2017年6月6日号

クローバーインバータに使える補助金は?~2017年度~

クローバーインバータに使える補助金のおはなし


今月のテーマに合わせてエネマネ事業者として国内有数の導入実績を
お持ちになる 日本カーボンマネジメント株式会社の佐々木社長に記事を
書いていただきました。



省エネ専門コンサルティング、
日本カーボンマネジメント株式会社の佐々木です。
今回は、補助金を活用したインバータ導入について紹介させていただきます。

当社は、経済産業省の「エネルギー使用合理化等事業者支援事業」の
エネマネ事業者として、 お客様企業が補助金を活用して省エネ設備を
導入する際の実務を支援しています。
この補助事業は、登録されたエネマネ事業者を活用して、
エネルギーマネジメントシステム(EMS) の導入と省エネ型設備への
更新を行い、省エネ率等の要件を満たした場合、補助率が1/2になるという
制度です。

インバータは、EMS制御機能の一部として、補助対象設備に組み入れることが
できるため、 当社は、ポンプ、ファンのインバータ制御を、
豊富な実績と確かな技術力を 保有していらっしゃる八紘テクノ様に
お願いしてきました。

平成28年度は、某大手工作機械メーカーの本社工場で、
空調、照明設備の更新に加えて、 冷温水ポンプのインバータ制御を申請し、
インバータ設備費7,000千円に対して3,750千円 の補助金を得ることができました。

昨年末にパリ協定が採択されましたが、日本は2030年に温室効果ガス排出量を
26%削減することを表明しています。
この目標を達成するために、2012年度対比で35%の省エネが必要と
試算されていて、 実現に向けた規制と支援策の拡充が審議されています。

当社は、省エネコンサルタントという立場で、お客様が省エネ設備を
導入する際に、 補助事業を活用することで、費用対効果を最大化することをコーディネートしています。
補助事業は、経済産業省の他に、環境省が実施しているものもございますので、
お客様の施設を診断したうえで、最適な補助事業の活用を提案しています。

今後も、八紘テクノ様との協業で、お客様により良いご提案をしていきたいと 考えていますので、省エネ設備の導入を検討される際に、ご相談いただければ幸いです。

八紘テクノ通信2017年5月10日号

クローバーインバータ警報が発生した時の3つの対処法!(その2)


4月28日号のおさらい
対処法は、主に次の3点が考えられます。
(1)インバータ運転から、インバータ「なし」運転に切換える。(メルマガ4月28日号でご紹介)
(2)インバータが止まった原因を探り、復旧する。
(3)インバータが寿命なので、更新する。

今回は、上記の(2)(3)について説明いたします。

(2)インバータが止まった原因を探り、復旧する。

何らかのトラブルで停止したインバータを確認しますと、
本体のLED表示部分がエラーコード表示になります。

インバータ内部は、様々な安全対策がされています。
本体を故障させない為に、外部からの雷(サージ)や過負荷などに対し、
回路遮断(トリップ)して本体を保護しようとします。
その原因をエラーコードとして表示します。

<安川電機製インバータV1000/A1000のエラーコード表示例と代表的な原因>

  oL1  (モータ過負荷):負荷が大きすぎる
  oC  (過電流):ケーブルの破損による接触、短絡が発生している
  oH  (ヒートシンク加熱):周囲温度が高すぎる

トラブルの原因を解消した後、再起動をかけるとインバータ運転が再開できるようになります。


(3)インバータが寿命なので、更新する。

トラブルの原因を解消しても「再起動できない」「短い期間で同じエラーを繰り返す」ことがあります。

この様な症状が発生する場合は、インバータ寿命もしくは故障の可能性がありますので、
早めにインバータシステムの更新をご検討ください。
10年以上使っている場合は、使用できなくなる前に早めに更新の準備をおすすめします。

インバータシステム更新
(八紘テクノホームぺージにリンク)

インバータシステム更新

八紘テクノ通信2017年4月28日号

クローバーインバータ警報が発生した時の3つの対処法!

今月のメルマガでは、インバータ警報が発生した時の対処法を紹介いたします。
インバータを取付けて数年が経ち、インバータから警報がでた時、どうされていますか?

対処法は、主に次の3点があげられます。
(1)インバータ運転から、インバータ「なし」運転に切換える。
(2)インバータが止まった原因を探り、復旧する。
(3)インバータが寿命なので、更新する。


4月号では、上記の(1)について触れていきます。
設備をインバータ運転している際に、インバータからエラーや故障の警報が
発生し停止した場合、インバータの停止と同時に、設備の運転が停止してしまいます。
設備の運転を復旧するには、一般に動力盤とモータ配線を直結するなどの変更が
必要となります。

弊社のインバータシステムでは、インバータからエラーや故障の警報が
発生した場合、「商用切換回路」という回路により自動で
インバータ「なし」運転に切換わり、
設備が停止すること無く運転が継続されます。

インバータシステム E-BRACE シリーズとE-BRACE Lシリーズに
標準で搭載されています。



E-BRACE シリーズ

E-BRACE シリーズ



また、お客様の使用用途に合わせ、自動で切換えるのではなく手動で
インバータ「なし」運転に切換えることもできます。

よろしくお願い申し上げます。

八紘テクノ通信2017年3月28日号

クローバーインバータのチューニングで更なる省エネ?!

今月のメルマガでは、チューニング(設定変更)の必要性について紹介いたします。
「インバータが設置されている = 省エネができている」と誤解されている方は、
まだまだ多いようです。
インバータを取付けて、省エネできている場合でも現場の状況に応じた
チューニング(設定変更)を行うことによって、
更なる省エネが見込める可能性があります。


稼働していないインバータありませんか?

稼働していないインバータありませんか?



以下は、既存のインバータがついている設備で、お見掛けする事例です。
・バルブやダンパの調整をしていない。
・インバータが付いているのにインバータ運転をしていない。
・周波数設定が高すぎる

4.点検・チューニングのページを
ご覧ください

4.点検・チューニング

貴社のインバータを取付けた設備に上記(ページ)の事例がありましたら、
更なる省エネが見込める場合があります。


「空調機の対象エリアが狭くなった」、「冷温水ポンプが1フロア使わなくなった」など
インバータ導入時から運用方法が変わっているのに、運転状況を変更できずに
以前のまま運転しているなどの理由がある際も、弊社にご相談ください。


〔ご参考〕
インバータだけではなく、ビルのエネルギー管理者に省エネチューニング手法の
活用を促す手引書は、省エネルギーセンターからもダウンロードできます。

新版 省エネチューニングマニュアル
(省エネルギーセンター、PDFファイル)

新版 省エネチューニングマニュアル

まずは、現状を再確認して更なる省エネを目指しましょう。

八紘テクノ通信2017年2月28日号

クローバーイーブレースカタログをリニューアル!


今月のメルマガでは、イーブレース(E-BRACE)のカタログ?容を紹介いたします。
八紘テクノHPのURLからカタログをダウンロードしてご確認ください。

イーブレースカタログ

イーブレースカタログ

詳細はこちら



このイーブレースカタログの柱は、以下の4つの構成になっています。

・インバータ制御盤をどの様な設備に付加すると省エネになるのか
・内部の構成機器には何が使われているのか
・既設動力盤との接続はどうなるのか
・モータ定格によって、インバータ制御盤の大きさと重量が実際どのくらいになるのか


お客様向けの仕様書にも対応できると自負しております。
カタログの記載?容については、次になります。


1.表紙デザイン
  少しでも分かり易くなればと思い、インバータ制御盤を写真ではなくあえて
  イメージ図にしています。
  インバータ制御盤が制御している三相誘導モータのイメージ図も載せ、
  導入事例集と共通の表紙デザインです。


2.見開きの左ページ
  インバータ制御盤がどんな設備に使われているのかが判る、設備一覧です。
  どのような設備に向いているのか記載しています。
  導入事例集のイメージカラーと合わせていますので、是非ご確認ください。


3.見開きの右ページ
  インバータ制御盤の内部構成・システム概略図
  納入仕様書の代用ができそうな内部機器の説明や、
  工事概要が判る既設電力盤とインバータ制御盤の接続を記しています。


4.背表紙の仕様表
  国土交通省基準を準拠するために全仕様の見直しを行い、
  一部の機種の本体外形寸法、および重量を更新しました。
  以前の仕様から若干異なっておりますので
  旧カタログの仕様表をご活用になっているなお客様は、
  差替えてお使いください。


是非カタログをダウンロードして、お手元にてご確認ください。


クローバーインターン生が入りました

メルマガを担当している菊地です。
八紘テクノの近況をお知らせいたします。

大きなニュースは、弊社もインターシップ制度に対応し、4名のインターン生(大学生)が働きはじめました。
事務の仕事にとどまらず、色々な業務を体験させてようとしています。
同様に指導する側も若い発想力を取入れ、気付きによる業務改善ができるのではと期待しています。

電話取次も業務の一環としてインターン生に対応してもらいますので、弊社へお電話いただいた際に
不手際があるかもしれませんが、暖かく見守って頂ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

八紘テクノ通信2017年1月19日号

クローバーちょっとの追加で運用改善

──────────【八紘テクノ通信2017年1月19日号】────────

■━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ┃ちょっとの追加で運用改善
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

前回のメルマガでは、「インバータの更新」について紹介しました。
今回のメルマガは、インバータ更新を行う際に、今までの制御方法を変更して、
より効果的にインバータを使う事例を紹介致します。

インバータシステムの更新
http://www.hakko-techno.co.jp/service/seigyoban04.html


1.商用切換盤の追加
  ・故障時の切換回路が組み込まれていないので追加で組み込みたい。
   自動商用切換盤を追加することによりインバータが故障しても、
設備を停止する事なく運用できます。


更新事例3
商用切替回路の追加
http://www.hakko-techno.co.jp/case/renewal/renewal03.html


2.手動4段速切換スイッチの追加
  ・盤内のインバータ本体を操作せずに簡易に調整したい。
  ・季節や運用状況に応じてより節電をしたい。

周波数切換スイッチを追加する事で、扇風機の[強・中・弱]の様に簡単な操作で切換出来るので、
インバータ操作に慣れていない人でも、周波数切換が簡単にできます。


更新事例2
周波数切替スイッチの追加
 http://www.hakko-techno.co.jp/case/renewal/renewal02.html


更新事例6
周波数切替スイッチの追加
 http://www.hakko-techno.co.jp/case/renewal/renewal06.html



3.温度制御やCO2制御の追加
  ・上記2.のお客様の中で、さらに節電をしたい。
  ・自動的に周波数を変えられるようにしたい。

制御するものは対象設備で異なりますので、弊社にご相談ください。

更新事例5
制御方法の変更
 http://www.hakko-techno.co.jp/case/renewal/renewal05.html



4.電力量計の追加
・見える化をしたい

  以前からある回転式のタイプばかりでなく、最近ではデジタル式のコンパクトなタイプが
  各社出揃ってきました。
  データをSDカードに記録できたり、通信できたりするタイプもあります。

導入された時期や会社 建物の企業によって様々な課題をお持ちだと存じます。
是非一度、弊社へご相談ください。



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃ イーブレース E-BRACEシリーズのカタログを更新しました
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

			導入事例集と表紙デザインを統一して内容も見直しました。
			資料ダウンロードページよりカタログをご確認ください。

			http://www.hakko-techno.co.jp/inquiry/download.html
			
インバータで省エネ
サービス紹介
製品紹介
事例集
会社案内
お問い合わせ