八紘テクノ通信

八紘テクノ通信2024年01月09日号

クローバー昨年の個人ニュース


新年あけましておめでとうございます。
八紘テクノ株式会社の尾関です。

昨年の個人ニュースは5月に人生初のトライアスロン挑戦と
無事完走できたことです。人生で一度は挑戦しておこうと
「ホノルルトライアスロン」にエントリーしておりましたが
コロナで中止や延期になり、3年越しで参加となりました。
オリンピックディスタンスというスイム1.5km、バイク40km、
ラン10kmを慣れない海でおぼれそうになり、バイクで体力を
使い果たし、ランでヘロヘロになりながらなんとか完走する
ことができました。タイムはともあれ達成感は味わうことが
できました。「今年もまた挑戦!!」までは気持ちが盛り
上がっておりません(笑) 次なる挑戦は・・・まだ未定です。
ワクワクする目標を考えていきたいです。


今回のハワイで驚いたのは物価の高さです。
欧米で「ラーメン1杯2000円」なんて話はよく聞きますが
コンビニでお茶のペットボトル500ccが1000円以上、
ビックマック単品も1000円以上と5年前と比べても驚くほど
値段が上がっていました。チップも今では20%以上が相場の
ようです。物価高、円安、チップ率UP・・・
「気軽に行けるハワイ」から「憧れのハワイ」に逆戻りしている感じです。
帰国してから入った居酒屋のコスパにはあらためて驚きました。
そりゃ海外の皆さん日本に来ますよね。


クローバーインバータの納期状況


パワー半導体を中心とした材料不足によりインバータ本体の
納期遅延が続いています。夏頃まではメーカーによっては
1年以上、2年近く待って最近やっと届いたなんていう話も
少しは緩和してきているようです。弊社が主に取り扱っている
安川電機製のインバータは標準的なもので小容量機器であれば
半年くらいで入荷できるものも出てきました。
部品供給が潤沢になった訳ではないようですので以前のように
即納に近い状態になるのはまだ時間がかかりそうです。


クローバー 電線も入手困難になる?


弊社システムの納期面で新たな懸念事項が出てきました。
インバータシステムの制御盤内や現地取付工事で使用する
電線の入手が年明け以降困難になるということです。
電材を扱う商社様より通達が入ってきています。


クローバー景気減速しても銅価格が下がらない理由


原油や金属など資源の価格は戦争などの世界情勢不安を除くと
一般論として景気動向による需要変動で価格が上下すると言わ
れています。銅の価格は電線原料として中国の旺盛な建築需要
に牽引されて近年は高値を維持していたようです。


しかし現在は景気減速が顕著になり価格が安値圏に進むのかと
思いきや需要が衰えるどころかますます活発になっています。
その大きな原因を2つ挙げます。
1.再生エネルギーへの投資の活発化
太陽光発電、風力発電など長距離送電するための太い電線が
大量に必要になります。
2.自動車の電動化
EVに使うモータは内部の巻線部は銅線の塊です。増えていく
需要に対して銅を採掘する鉱山開発が思ったように進んでい
ないようです。そうなると、ますます銅価格も上昇することが
懸念されます。
年度末に向けた工事ができなくなることも心配されます。
大企業の買い占めで市場に電線が出回らなくなることが
ない様願うばかりです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

---
令和6年1月1日に発生した石川県能登半島地震とその関連の
事故によって被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災地では余震が続き、不安な日々が続いていることと存じ
ますが、皆様の安全と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

八紘テクノ株式会社
代表取締役 尾関正博


最後までお読みいただきありがとうございました。

TOP
インバータで省エネ
サービス紹介
製品紹介
事例集
会社案内
お問い合わせ